ローマ発 〓 復活ガッティが不整脈でダウン

2018/12/08

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)の《リゴレット》公演を指揮していたダニエレ・ガッティ(Daniele Gatti)が4日から5日にかけて起きた心臓の不整脈のため、6日の公演をキャンセルした。代役はステファーノ・ランザーニ(Stefano Ranzani)が務める。ガッティは《リゴレット》の公演に9日から復帰するが、その後のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、バーデン=バーデン復活祭音楽祭の《オテロ》公演の指揮をキャンセルした。《オテロ》はズービン・メータ(Zubin Mehta)が代役を務める。

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  2. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  3. アムステルダム 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  4. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルハがメータに「名誉指揮者」の称号

  5. ニューヨーク発 〓 ダニール・トリフォノフが怪我で休養

  6. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。