トランス=シベリア芸術祭 〓 2018年の芸術祭が開幕

2018/03/12
【最終更新日】2018/03/28

世界的ヴァイオリニストのワデム・レーピンが主宰するトランス=シベリア芸術祭が開幕した。初日9日はケント・ナガノ指揮のノヴォシビルスク・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートなどが開かれた。音楽祭はレーピンが自らの故郷で2014年に起ち上げたもの。アルノルト・カッツ・ホールなどを拠点にさまざまなコンサートが繰り広げられる(カッツは1956年、ノヴォシビルスク・フィルを起ち上げ、2007年に亡くなるまで長くその芸術監督を務めた功労者)。シベリアの諸都市でも公演が行われており、2018年はクラスノヤルスク、ベルツク、トグチン、サマーラを回る。また、モスクワとサンクト・ペテルブルクでの公演もある。2018年の芸術祭にはレーピンの他、コンスタンチン・リフシッツや児玉麻里らが出演。映像作家ブリュノ・モンサンジョンの2017年の作品「ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ – 不屈の弓」の上演なども行われる。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン祝祭劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. サンタンデール音楽祭 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  3. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  4. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  5. バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  6. タングルウッド音楽祭 〓 ボストン交響楽団がシャルル・デュトワに贈った「クーセヴィツキー賞」を取り消し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。