マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

2022/09/06

ドイツ・マイニンゲン州立劇場が次期音楽総監督にキリアン・ファレル(Killian Farrell)を迎えると発表した。2011年からその任にあるフィリップ・バッハの後任で、任期は2023/2024シーズンから。

州立劇場は宮廷劇場として知られ、座付きのオーケストラも宮廷楽団の名称で親しまれている。ドイツの州立劇場でアイルランド人が音楽監督となるのは史上初という。

ファレルはアイルランドの首都ダブリン生まれの28歳。ダブリン大聖堂のパレストリーナ合唱団の活動を経て、ダブリンのDIT音楽演劇大学でピアノ、オルガン、指揮を学び、ダブリン大学のトリニティ・カレッジで音楽学の学位も並行して取得した。

2017年からブレーメン州立劇場に入り、2019年からは首席指揮者として活動。2021/2022シーズンからはシュトゥットガルト州立劇場の音楽総監督のアシスタント兼首席指揮者を務めている。

写真:Ulster Orchestra


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  2. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭の開催を断念

  3. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  4. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  5. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  6. デモイン発 〓 大ベテラン、サイモン・エステスがオペラからの引退を発表

  7. ジェノヴァ発 〓 第56回「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」でイタリアのジュゼッペ・ギボーニが優勝

  8. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  9. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  10. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  11. ミュンヘン発 〓 イーゴリ・ゼレンスキーがバイエルン州立バレエ団の監督を突然辞任

  12. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  13. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  14. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  15. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。