ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

2020/12/05

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の来年の「ニューイヤー・コンサート」が無観客で行われることが発表された。オーストリア政府の新しい新型コロナウイルス対策が1月6日まで実施されることが決まったことを受けて。1939年の創設以来、無観客で開催されるのは初めて。

ウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地にしている楽友協会大ホールで行っている恒例行事。シュトラウス一家のワルツやポルカを演奏する“音楽の都からの音楽の年賀状”で、演奏は90カ国以上に中継され、全世界で1億人を超える人たちが新年気分を味わっているとされる。

2021年の指揮者は、1993年、1997年、2000年、2004年、2018年に次いで3年ぶり6回目となるリッカルド・ムーティ。プログラムは以下の通りで、カレル・コムザーク、カール・ツェラー、カール・ミレッカーの作品はコンサート初登場。


フランツ・フォン スッペ:喜歌劇《ファティニッツァ》から行進曲
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《音波》 op. 148
ヨハン・シュトラウス2世:ニコ・ポルカ op. 228
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル《憂いもなく》 op. 271
カール・ツェラー:ワルツ《坑夫ランプ》
カール・ミレッカー:ギャロップ《贅沢三昧》
<休憩>
フランツ・フォン スッペ:歌劇《詩人と農夫》序曲
カレル・コムザーク:円舞曲《バーデン娘》 op. 257
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ《マルゲリータ》 op. 244
ヨハン・シュトラウス1世:《ヴェネツィア人のギャロップ》 op. 74
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《春の声》 op. 410
ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ《クラップフェンの森で》 op. 336
ヨハン・シュトラウス2世:《新しいメロディによるカドリーユ》 op. 254
ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲 op. 437
ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《恋と踊りに熱中》 op. 393


写真:Wiener Philharmoniker

関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  2. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  3. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  4. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  5. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  6. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  7. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  8. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  9. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  10. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが11月のヨーロッパ・ツアーを中止

  12. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2020/2021シーズンをキャンセル、178年で初

  13. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  14. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  15. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。