ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

2020/12/05

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の来年の「ニューイヤー・コンサート」が無観客で行われることが発表された。オーストリア政府の新しい新型コロナウイルス対策が1月6日まで実施されることが決まったことを受けて。1939年の創設以来、無観客で開催されるのは初めて。

ウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地にしている楽友協会大ホールで行っている恒例行事。シュトラウス一家のワルツやポルカを演奏する“音楽の都からの音楽の年賀状”で、演奏は90カ国以上に中継され、全世界で1億人を超える人たちが新年気分を味わっているとされる。

2021年の指揮者は、1993年、1997年、2000年、2004年、2018年に次いで3年ぶり6回目となるリッカルド・ムーティ。プログラムは以下の通りで、カレル・コムザーク、カール・ツェラー、カール・ミレッカーの作品はコンサート初登場。


フランツ・フォン スッペ:喜歌劇《ファティニッツァ》から行進曲
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《音波》 op. 148
ヨハン・シュトラウス2世:ニコ・ポルカ op. 228
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル《憂いもなく》 op. 271
カール・ツェラー:ワルツ《坑夫ランプ》
カール・ミレッカー:ギャロップ《贅沢三昧》
<休憩>
フランツ・フォン スッペ:歌劇《詩人と農夫》序曲
カレル・コムザーク:円舞曲《バーデン娘》 op. 257
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ《マルゲリータ》 op. 244
ヨハン・シュトラウス1世:《ヴェネツィア人のギャロップ》 op. 74
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《春の声》 op. 410
ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ《クラップフェンの森で》 op. 336
ヨハン・シュトラウス2世:《新しいメロディによるカドリーユ》 op. 254
ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲 op. 437
ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《恋と踊りに熱中》 op. 393


写真:Wiener Philharmoniker

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  2. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー(85)オーストリアの指揮者

  3. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が《アドリアーナ・ルクヴルール》の公演をストリーミング配信

  5. エバンストン発 〓 2021年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はジェンマ・ニューに

  6. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ウィーン発 〓 カウフマンがフランスのレジオンドヌール勲章コマンドゥール章を受章

  8. カトヴィツェ発 〓 第2回「カロル・シマノフスキ国際音楽コンクール」がロシア音楽の演奏を禁止、発表に波紋広がる

  9. パルマ発 〓 テアトロ・レッジョが《マハゴニー市の興亡》をストリーミング配信

  10. ロンドン発 〓 オペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ」が2021年上演の《薔薇の騎士》をストリーミング配信

  11. サンターガタ発 〓 イタリア政府が競売危機のヴェルディの旧居を取得、オペラ界は総力あげてチャリティー・キャンペーン

  12. オルデンブルク発 〓 州立劇場が音楽総監督ヘンドリク・ヴェストマンの退任発表、任期満了の2024/2025シーズンをもって

  13. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  14. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  15. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。