ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席指揮者イヴァン・レプシッチとの契約を延長

2022/07/13

ミュンヘン放送管弦楽団(Münchner Rundfunkorchester)が首席指揮者のイヴァン・レプシッチ(Ivan Repušić)との契約を延長した。レプシッチは2017年からその任にあり、今回の契約更改で任期は3年延びて、2025/2026シーズン終了までオーケストラを率いることになる。

レプシッチは1978年、クロアチア・イモツキ生まれの43歳。首都ザグレブの音楽アカデミーで指揮をイゴール・ジャドロフ、ヴィエコスラフ・シュテイに師事。同時にヨルマ・パヌラ、ジャンルイジ・ジェルメッティの元で研鑽を積み、その後、大野和士、ドナルド・ラニクルズのアシスタントを務めた。

その後、クロアチア国立スプリット劇場の指揮者(2006-2008)、ドイツのハノーファー州立歌劇場の常任指揮者(2010-2013)、ドゥブロヴニク音楽祭の音楽監督(2010-2012)などを務めている。

ミュンヘン放送管弦楽団は、ドイツ・バイエルン州の放送局バイエルン放送が所有する二つのオーケストラのうちの一つ。もう一つのバイエルン放送交響楽団に比べると小さく、2管編成の中規模オーケストラ。レプシッチ時代になって、初期ヴェルディのオペラ上演といった新機軸を打ち出している。

写真:Ivan Repušić


関連記事

  1. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  2. 浜松発 〓 国際ピアノアカデミー、4年ぶりに再開

  3. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の総支配人らモスクワの芸術家がプーチン大統領に「ウクライナでの特殊作戦」停止を求める請願書を提出

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがトゥガン・ソヒエフを招いて特別演奏会を開催すると発表

  5. ベルリン発 〓 ピアノのラルス・フォークトがインタビューでがん闘病語る

  6. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  7. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

  8. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  9. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  10. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  11. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  12. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  14. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  15. 訃報 〓 パトリック・ダヴァン, ベルギーの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。