ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

2022/06/16

グラン・カナリア・フィルハーモニー管弦楽団(Orquesta Filarmonica de Gran Canaria)が15日、首席指揮者兼芸術監督を務めるカレル・マーク・チチョン(Karel Mark Chichon)との契約を延長したと発表した。チチョンは2017年からその任にあり、今回の契約更改で2024/2025シーズン終了まで延びる。

また、同時に新シーズン2022/2023シーズンから、レナード・スラトキン(Leonard Slatkin)を首席客演指揮者に招くことも発表された。任期は3年。

グラン・カナリア・フィルハーモニー管弦楽団は、スペイン領カナリア諸島の中心都市ラス・パルマスを本拠地とするオーケストラ。カナリア諸島は北アフリカ・モロッコ沖合に広がり、7つの島で構成される。

チチョンはロンドン生まれで、ジブラルタル育ちの51歳。夫人はラトビア出身のメゾ・ソプラノ歌手エリーナ・ガランチャで、昨年1月にはラトビア国籍を取得している。ロンドンの王立音楽院で学んだ後、ウィーン国立音楽・演劇大学でレオポルト・ハーガーに師事した。

これまでにグラーツ交響楽団の首席指揮者(2006-2009)、ラトヴィア国立交響楽団の首席指揮者・芸術監督(2009-2012)。ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011-2017)を歴任している。

写真:Orquesta Filarmonica de Gran Canaria / Gerardo Ojeda


関連記事

  1. ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

  2. マドリッド発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞を発表

  3. マンチェスター発 〓 英国のハレ管弦楽団が新しい指揮者コンクール

  4. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  6. 大阪発 〓 藤岡幸夫&関西フィル、ライブ録音によるシベリウスの交響曲全集をリリース

  7. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  8. モンペリエ発 〓 モンペリエ国立オペラが元旦から《リゴレット》をストリーミング配信

  9. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  10. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  11. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ(95)英国の作曲家

  12. 福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

  13. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  14. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  15. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。