フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

2021/10/26
【最終更新日】2022/05/04

フランクフルト市立歌劇場(Oper Frankfurt)が次期音楽総監督にトーマス・グガイス(Thomas Guggeis)を迎えると発表した。2008/2009シーズンンからその任にあるセバスティアン・ヴァイグレの後任で、任期は2023/2024シーズンから5年間。

グガイスはダッハウ生まれの28歳。シュトラウビング体育学院を経て、ミュンヘンで物理学と指揮を学び、量子物理学の学士号を取得。その後、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のティンパニスト奏者として活動。指揮者に転身してからはベルリン州立オペラでダニエル・バレンボイムのアシスタントを務めた。

2018年3月には、ベルリン州立オペラでクリストフ・フォン・ドホナーニの代役として急きょ《サロメ》を指揮してセンセーショナルな成功を収めて話題を集めた。現在、ベルリン州立オペラ(2020/2021-)、シュトゥットガルト州立オペラ(2018/2019-)の指揮者として活動している。

写真:DNN / Staatskapelle Dresden


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  2. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  3. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの次期首席指揮者にドナルド・ラニクルズ

  4. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  5. 訃報 〓 ラドゥ・ルプー(76)ルーマニア出身のピアニスト

  6. 東京発 〓 新国立劇場がオペラ部門の芸術監督を務める大野和士との契約を延長

  7. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  8. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  9. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  11. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  13. 訃報 〓 アントン・ガルシア・アブリル(87)スペインの作曲家

  14. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

  15. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。