デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

2020/01/23
【最終更新日】2023/12/10

デトロイト交響楽団(Detroit Symphony Orchestra)の次期音楽監督に、イタリア人のヤデル・ビニャミーニ(Jader Bignamini)が起用されることになった。2020/2021シーズンからで、任期は6年。2008年から音楽監督を務めるレナード・スラットキン(Leonard Slatkin)の後任。

ビニャミーニは北イタリアのクレーマ生まれの43歳。ピアチェンツァ音楽院でクラリネットを学び、1998年にリッカルド・シャイーからミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団のクラリネット奏者に招かれた。その後、イタリアを中心に指揮活動を展開。さまざまな歌劇場、オーケストラに客演を重ね、日本でもびわ湖ホールのコンサート、2018年のローマ歌劇場の日本公演で《椿姫》を指揮している。

写真:Nora Roitberg

関連記事

  1. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  2. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  3. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 訃報 〓 野島稔(76)日本のピアニスト

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルが音楽監督のビシュコフとの契約を延長

  6. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  7. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  8. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  9. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  10. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの次期首席指揮者にドナルド・ラニクルズ

  11. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  12. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  13. 訃報 〓 ルーゼン・グネス(80)トルコ出身のヴィオラ奏者

  14. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立オペラの音楽監督を退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。