リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

2020/02/12

リンツ州立劇場の次期首席指揮者にドイツの指揮者イングマール・ベック(Ingmar Beck)を迎えると発表した。2017/2018シーズンから首席指揮者を務めていたレスリー・スガナンダラージャ(Leslie Suganandarajah)の後任で、任期は2020/2021シーズンから。スガナンダラージャはザルツブルク州立劇場の首席指揮者への転出が決まっている。

ベックは1987年、ミュンヘンの生まれ。アウクスブルク大聖堂の少年聖歌隊で音楽的キャリアをスタートさせ、ヴァイマールでチェロを学んだ。その後、ウィーン国立音楽演劇大学で指揮を学び、2016年には米国のアスペン音楽祭で指揮者などを受賞している。古楽器オーケストラ「アザム・クラシカル・ソロイスト」を主宰し、ヨーロッパを中心に活動の場を広げており、2018年のパリ交響楽団の日本公演では、ダニエル・ハーディングのアシスタントを務めた。

写真:www.ingmarbeck.de

関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  3. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  4. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  5. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  6. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  7. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  8. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  9. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  10. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  11. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  12. ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

  13. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  14. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  15. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。