ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が芸術監督のマルクス・ヒンターホイザーとの契約を延長

2024/04/10

オーストリアのザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)が芸術監督のマルクス・ヒンターホイザー(Markus Hinterhäuser)との契約を延長した。ヒンターホイザーは2016年からその任にあり、今回の契約更改で、任期はさらに5年、2031年まで延長される。

ピアニストとして知られてきたヒンターホイザーは現在、66歳。今回のセレクションには、スカラ座の総裁を離れるドミニク・マイヤー、バイエルン州立オペラの芸術総監督を務めるセルジュ・ドルニーも応募していたと伝えられ、ヒンターホイザーは自分が選ばれたことについて「喜びと誇りに満ちた信任投票」とするコメントしている。

音楽祭は毎年6週間にわたって約200のイベントが開催され、約25万人を集め、2023年は入場率98.5%を記録している。メイン会場である祝祭大劇場は2025年から全面的な改修工事がスタートする。

写真:Salzburger Festspiele / Franz Neumayr


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ(92)オーストリアの合唱指揮者

  2. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ポーランド出身のウツィア・マジアーがウィーン放送響のコンサートマスターに

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  5. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭が2024年の開幕前に2025年の概要を発表

  6. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  7. エディンバラ発 〓 国際フェスティバルが2024年の公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 オーストリア政府がウィーン放送響の廃止否定の声明

  9. マチェラータ発 〓 マチェラータ音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  10. レイキャビク発 〓 エヴァ・オッリカイネンがアイスランド響の首席指揮者兼芸術監督に

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ルツェルン音楽祭 〓 リッカルド・シャイーが音楽祭管弦楽団との契約を延長

  13. ザルツブルク発 〓 ベルリン・フィルがザルツブルク復活祭音楽祭のレジデント・オーケストラに復帰

  14. ザルツブルク発 〓 モーツァルテウム管の次期首席指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  15. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。