ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

2022/09/05
【最終更新日】2022/09/06

ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団(New York Philharmonic)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。本拠地のデイヴィッド・ゲフィン・ホール(かつてのエイブリー・フィッシャー・ホールから2015年に改名)は改修工事に入っていたが、それが予定より前倒しで終わることになり、オーケストラが10月12日のリニューアル・オープンを祝うことになっている。

新シーズンの開幕を飾るのは、2018/2019シーズンから音楽監督を務めるヤープ・ファン・ズヴェーデン指揮のコンサートで、レスピーギ《ローマの松》をメインにしたプログラム。ただ、ズヴェーデンは2023/2024シーズンを最後に退任することになっており、次期音楽監督をめぐり、新シーズンの客演指揮者に熱い注目が注がれている。

常連以外では、ダリア・スタセヴスカ、カリーナ・カネラキス、ナタリー・シュトゥッツマン、クラウス・マケラ、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ、ハンヌ・リントゥ、ラファエル・パヤーレといった客演指揮者たちに注目が集まる。

中でも、米国の音楽メディアでその名前が取り沙汰されているのは、フィンランドのスザンナ・マルッキ。2016年にロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任、2022/2023シーズンでヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を退任することもあり、シカゴ交響楽団の次期音楽監督にも名前が挙がっている。

写真:New York Philharmonic


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  2. 訃報 〓 カラン・アームストロング, 米国のソプラノ歌手

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

  4. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  5. エバンストン発 〓 2021年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はジェンマ・ニューに

  6. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  7. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  8. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー, チェコ出身の指揮者

  9. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  10. シカゴ発 〓 シカゴ・リリック・オペラも2020/2021シーズン全体をキャンセル

  11. 訃報 〓 アンドラーシュ・リゲティ, ハンガリーの指揮者

  12. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  13. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  14. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  15. 訃報 〓 ミハ・ヴァン・ヘッケ, ベルギーのダンサー兼振付師

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。