ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

2022/09/05
【最終更新日】2022/09/06

ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団(New York Philharmonic)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。本拠地のデイヴィッド・ゲフィン・ホール(かつてのエイブリー・フィッシャー・ホールから2015年に改名)は改修工事に入っていたが、それが予定より前倒しで終わることになり、オーケストラが10月12日のリニューアル・オープンを祝うことになっている。

新シーズンの開幕を飾るのは、2018/2019シーズンから音楽監督を務めるヤープ・ファン・ズヴェーデン指揮のコンサートで、レスピーギ《ローマの松》をメインにしたプログラム。ただ、ズヴェーデンは2023/2024シーズンを最後に退任することになっており、次期音楽監督をめぐり、新シーズンの客演指揮者に熱い注目が注がれている。

常連以外では、ダリア・スタセヴスカ、カリーナ・カネラキス、ナタリー・シュトゥッツマン、クラウス・マケラ、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ、ハンヌ・リントゥ、ラファエル・パヤーレといった客演指揮者たちに注目が集まる。

中でも、米国の音楽メディアでその名前が取り沙汰されているのは、フィンランドのスザンナ・マルッキ。2016年にロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任、2022/2023シーズンでヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を退任することもあり、シカゴ交響楽団の次期音楽監督にも名前が挙がっている。

写真:New York Philharmonic


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  2. ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

  3. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  4. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  5. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  6. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  8. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム(87)イギリスのギタリスト

  9. ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団がリンカーンセンターでお別れコンサート

  10. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  11. レノックス発 〓 タングルウッド音楽祭が2022年のスケジュールを発表

  12. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  13. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  15. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。