ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

2022/10/03

ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めるフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)がオーストリアの日刊紙「クーリエ」のインタビューに応え、任期が切れる2025年で退任することを明らかにした。その中で、ボグダン・ロシュチッチ率いる劇場の経営陣への失望、招聘する指揮者をめぐって明らかに意見の相違があったことをほのめかしている。

ヨルダンはチューリッヒ生まれの47歳。指揮者のアルミン・ジョルダンを父に持ち、パリ国立オペラの音楽監督(2009-2021)、ウィーン交響楽団の首席指揮者(2014 -2020)を経て、2020/2021シーズンからフランツ・ヴェルザー=メストの後任としてウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任した。

インタビューではまた、オペラ界について「異常な方向に傾いている」と危機感を募らせ、「演出に関して言えば、我々の劇場は長い間、致命的に間違った道を歩んできたと思う。芸術監督、ドラマツルグ、そして特に演出家が、演劇と音楽の相互作用に本当に関心を持っているという感じがしないのです」と述べている。

これを受けてロシュチッチも「ジョルダンと私は、2025年以降の劇場の運営計画について、夏に徹底的に話し合いました。彼は2030年までの契約の延長を望んでおり、私は他の理由でそれができなかった。したがって、私は彼の発言についてこれ以上コメントしたくありません。それは国立歌劇場の利益にも、ジョルダンの利益にもならない」と地元メディアに述べている。

写真:Opéra national de Paris


関連記事

  1. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー(60)オーストリアのテノール歌手

  2. 訃報 〓 ジョン・ジョージアディス(81)英国の指揮者・ヴァイオリニスト

  3. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  4. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  5. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング第2週のラインナップを発表、新制作の《ドン・ジョヴァンニ》もライブ配信

  7. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティが新しい古楽オーケストラを旗揚げ

  8. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン響の次期音楽監督にジョセフ・バスティアン

  9. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  10. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  12. 訃報 〓 グレアム・ヴィック(67)イギリスの演出家

  13. ベルリン発 〓 ウィーン・フィルが野外劇場「ヴァルトビューネ」デビュー

  14. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  15. 訃報 〓 ルース・ファルコン(77)アメリカのソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。