ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/07/24

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンに上演されるオペラは、新制作、再演含めて以下の9作品。新シーズンから音楽監督に就任するミケーレ・マリオッティはうち4作品を指揮する。ローマ歌劇場は例年、本拠地のコスタンツィ劇場で1880年に初めてオペラ上演が行われたことを記念した11月27日にシーズンの幕を開ける。

新シーズンの開幕を飾るのは、新制作のプーランク《カルメル派修道女の対話》。演出を手掛けるのはエマ・ダンテで、指揮はマリオッティ。コリーヌ・ウィンターズ、アンナ・カテリーナ・アントナッチ、エカテリーナ・グバノヴァ、ジャン=フランソワ・ラポワント他が出演する。

ロンドンのロイヤル・オペラとのコラボレーションによるヤナーチェク・チクルスは2シーズン目に入る。昨シーズンの《カーチャ・カバノヴァー》に続いて、《死者の家から》が登場する。ローマ歌劇場での上演は今回が初めて、という。演出はクリストフ・ ワリコフスキで、彼の演出作品の上演もイタリア初。

今回の発表では珍しく、開幕公演が3シーズン先まで明らかにされた。2023/2024シーズンはサイモン・ストーン演出のボーイト《メフィストフェレ》、2024/2025シーズンはリチャード・ジョーンズ演出のヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》、2025/2026シーズンはダミアーノ・ミケレット演出のワーグナー《ローエングリン》で、指揮はいずれもマリオッティ。

また、長期プランとしては、新シーズンからプッチーニの《外套》3部作を1作品ずつ3シーズンにわたって上演する新しいシリーズがスタートする。1作品ごとに同時代の作品との組み合わせで上演という試みで、1年目は《外套》とバルトーク《青ひげ公の城》の組み合わせ。2年目は《修道女アンジェリカ》とダッラピッコラの《囚われ人》、3年目は《ジャンニ・スキッキ》とラヴェルの《スペインの時》。


11月27日 → 
プーランク《カルメル派修道女の対話》=新制作
[演出]エマ・ダンテ
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]コリーヌ・ウィンターズ / アンナ・カテリーナ・アントナッチ / エワ・ヴェシン / エカテリーナ・グバノヴァ / ジャン=フランソワ・ラポワント

1月11日 → 
ドニゼッティ《愛の妙薬》=再演
[演出]ルッジェーロ・カプッチョ
[指揮]フランチェスコ・ランツィロッタ
[出演]ジョン・オズボーン / アレクサンドラ・クルザク

1月31日 →
ヴェルディ《アイーダ》= 新制作
[演出]ダヴィデ・リヴァモア
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]クラッシミラ・ストヤノヴァ / ファビオ・サルトーリ / エカテリーナ・セメンチュク / ウラディーミル・ストヤノフ / リッカルド・ザネッラート

3月12日 →
レオンカヴァッロ《道化師》=再演
[演出]フランコ・ゼフィレッリ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]ニーノ・マチャイゼ / ブライアン・ジャッジ

3月31日・4月1日
アルヴォ・ペルト《アダムの受難》=新制作
[演出]ロバート・ウィルソン
[指揮]トヌ・カリュステ
[出演]ルシンダ・チャイルズ

4月6日 → 
プッチーニ《外套》= 新制作
バルトーク《青ひげ公の城》= 新制作
[演出]ヨハネス・エラス
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]ルカ・サルシ / グレゴリー・クンデ / マリア・アグレスタ /// エカテリーナ・セメンチュク / ミハイル・ペトレンコ

5月23日 →
ヤナーチェク《死者の家から》= 新制作
[演出]クリストフ・ ワリコフスキ
[指揮]ドミトリー・マトヴィエンコ
[出演]未発表

6月16日 →
プッチーニ《蝶々夫人》=再演
[演出]アレックス・オレ(ラ・フラ・デルス・バウス)
[指揮]ロベルト・アバド
[出演]エレオノーラ・ブラット / ドミトリー・ポポフ / アンナ・マリア・キウリ / ロベルト・フロンターリ

10月13日 →
ヘンデル《ジュリアス・シーザー》= 新制作
[演出]ダミアーノ・ミケレット
[指揮]ジャンルカ・カプアーノ
[出演]ラファエレ・ぺ / カルロ・ヴィストーリ / アーリエ・ヌスバウム・コーエン / ダニエル・ドゥ・ニース

写真:Teatro dell’Opera di Roma


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  2. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバルが2024年の公演ラインナップを発表

  3. 訃報 〓 マウリツィオ・ポリーニ(82)イタリアのピアニスト

  4. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルもゲルギエフとの「関係を終了」と発表

  5. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  6. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  7. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  8. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  10. ルクセンブルク発 〓 ルクセンブルク市立大劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  12. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  13. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  14. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  15. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。