ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/07/24

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンに上演されるオペラは、新制作、再演含めて以下の9作品。新シーズンから音楽監督に就任するミケーレ・マリオッティはうち4作品を指揮する。ローマ歌劇場は例年、本拠地のコスタンツィ劇場で1880年に初めてオペラ上演が行われたことを記念した11月27日にシーズンの幕を開ける。

新シーズンの開幕を飾るのは、新制作のプーランク《カルメル派修道女の対話》。演出を手掛けるのはエマ・ダンテで、指揮はマリオッティ。コリーヌ・ウィンターズ、アンナ・カテリーナ・アントナッチ、エカテリーナ・グバノヴァ、ジャン=フランソワ・ラポワント他が出演する。

ロンドンのロイヤル・オペラとのコラボレーションによるヤナーチェク・チクルスは2シーズン目に入る。昨シーズンの《カーチャ・カバノヴァー》に続いて、《死者の家から》が登場する。ローマ歌劇場での上演は今回が初めて、という。演出はクリストフ・ ワリコフスキで、彼の演出作品の上演もイタリア初。

今回の発表では珍しく、開幕公演が3シーズン先まで明らかにされた。2023/2024シーズンはサイモン・ストーン演出のボーイト《メフィストフェレ》、2024/2025シーズンはリチャード・ジョーンズ演出のヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》、2025/2026シーズンはダミアーノ・ミケレット演出のワーグナー《ローエングリン》で、指揮はいずれもマリオッティ。

また、長期プランとしては、新シーズンからプッチーニの《外套》3部作を1作品ずつ3シーズンにわたって上演する新しいシリーズがスタートする。1作品ごとに同時代の作品との組み合わせで上演という試みで、1年目は《外套》とバルトーク《青ひげ公の城》の組み合わせ。2年目は《修道女アンジェリカ》とダッラピッコラの《囚われ人》、3年目は《ジャンニ・スキッキ》とラヴェルの《スペインの時》。


11月27日 → 
プーランク《カルメル派修道女の対話》=新制作
[演出]エマ・ダンテ
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]コリーヌ・ウィンターズ / アンナ・カテリーナ・アントナッチ / エワ・ヴェシン / エカテリーナ・グバノヴァ / ジャン=フランソワ・ラポワント

1月11日 → 
ドニゼッティ《愛の妙薬》=再演
[演出]ルッジェーロ・カプッチョ
[指揮]フランチェスコ・ランツィロッタ
[出演]ジョン・オズボーン / アレクサンドラ・クルザク

1月31日 →
ヴェルディ《アイーダ》= 新制作
[演出]ダヴィデ・リヴァモア
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]クラッシミラ・ストヤノヴァ / ファビオ・サルトーリ / エカテリーナ・セメンチュク / ウラディーミル・ストヤノフ / リッカルド・ザネッラート

3月12日 →
レオンカヴァッロ《道化師》=再演
[演出]フランコ・ゼフィレッリ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]ニーノ・マチャイゼ / ブライアン・ジャッジ

3月31日・4月1日
アルヴォ・ペルト《アダムの受難》=新制作
[演出]ロバート・ウィルソン
[指揮]トヌ・カリュステ
[出演]ルシンダ・チャイルズ

4月6日 → 
プッチーニ《外套》= 新制作
バルトーク《青ひげ公の城》= 新制作
[演出]ヨハネス・エラス
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[出演]ルカ・サルシ / グレゴリー・クンデ / マリア・アグレスタ /// エカテリーナ・セメンチュク / ミハイル・ペトレンコ

5月23日 →
ヤナーチェク《死者の家から》= 新制作
[演出]クリストフ・ ワリコフスキ
[指揮]ドミトリー・マトヴィエンコ
[出演]未発表

6月16日 →
プッチーニ《蝶々夫人》=再演
[演出]アレックス・オレ(ラ・フラ・デルス・バウス)
[指揮]ロベルト・アバド
[出演]エレオノーラ・ブラット / ドミトリー・ポポフ / アンナ・マリア・キウリ / ロベルト・フロンターリ

10月13日 →
ヘンデル《ジュリアス・シーザー》= 新制作
[演出]ダミアーノ・ミケレット
[指揮]ジャンルカ・カプアーノ
[出演]ラファエレ・ぺ / カルロ・ヴィストーリ / アーリエ・ヌスバウム・コーエン / ダニエル・ドゥ・ニース

写真:Teatro dell’Opera di Roma


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  2. モントリオール発 〓 モントリオール響の次期音楽監督にラファエル・パヤーレ

  3. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー(95)オランダのヴァイオリン奏者

  4. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  5. ケムニッツ発 〓 市立劇場の音楽総監督にベンヤミン・ライナース

  6. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  7. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  8. イスタンブール発 〓 パトリック・ハーンがトルコのボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団の次期芸術顧問兼首席客演指揮者に

  9. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー(78)オーストリアの指揮者

  10. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  11. リール発 〓 リール国立管の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  12. 訃報 〓 ジョージ・クラム(92)米国の作曲家

  13. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン(77)ロシアの作曲家

  14. ヴロツワフ発 〓 エッシェンバッハが生まれ故郷にあるNFMヴロツワフ・フィルの音楽監督に

  15. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。