ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

2018/12/07
【最終更新日】2022/05/09

オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä)がミネソタ管弦楽団(Minnesota Orchestra)の音楽監督を2021/2022シーズンを最後に退任することになった。音楽監督に就任したのは2003年。2013年には、楽団員の雇用契約交渉が決裂したことから辞任、約一年後に復帰するということも起きている。

ミネソタ管弦楽団は1903年の創設で、ミネソタ州ミネアポリスが本拠地。この春は、ヴァンスカに率いられて、米国のプロ・オーケストラとして初めて南アフリカ・ツアーを敢行、ソウェトなど5都市を回った。

ヴァンスカはフィンランド南部のサーミンキ(Sääminki)生まれの65歳。ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団のクラリネット奏者として活動した後、シベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに師事して指揮を学んで指揮者に転身。1982年の第32回「ブザンソン国際指揮者コンクール」で日本の松尾葉子と優勝を分け合い、指揮者としての活動を本格的に開始した。

1985年には母国のラハティ交響楽団の首席客演指揮者に就任。1988年から2008年まで音楽監督を務め、オーケストラを国際的な舞台に引き上げた。また、アイスランド交響楽団(1993-1996)、BBCスコティッシュ交響楽団(1996-2002年)の首席指揮者を歴任している。

写真:Minnesota Orchestra


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  2. ニューアーク発 〓 ニュージャージー響が音楽監督シャン・ジャンとの契約を延長

  3. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  4. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  5. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  7. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  8. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  9. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  11. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  12. ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

  13. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  14. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。