バイロイト音楽祭 〓 来年の《さまよえるオランダ人》にオクサーナ・リーニフを起用、女性指揮者は音楽祭初

2020/09/23

バイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)が来年、《さまよえるオランダ人》の指揮者にオクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv)を起用することを明らかにした。病気療養から現場復帰したカタリーナ・ワーグナー(Katharina Wagner)総監督が日刊紙「ヴェルト」に語ったもの。女性の指揮者の登場は史上初。

音楽祭は今年、新型コロナウイルスの感染拡大で音楽祭自体が中止され、予定されていた新しい《ニーベルングの指環》の新制作は2022年に延期された。来年は《さまよえるオランダ人》以下、《ローエングリン》、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、《タンホイザー》の上演が予定されている。

リーニフはウクライナ・ブロードィ生まれの42歳。2004年にバンベルク交響楽団が主催した第1回「グスタフ・マーラー指揮者コンクール」で第3位に入賞して(第1にグスターボ・ドゥダメル)、そのままオーケストラの指揮者であるジョナサン・ノットのアシスタントとなった。

2005年に本拠地をドレスデンに移し、ドレスデン音楽院でエッケハルト・クレムに師事。2013年からバイエルン国立歌劇場で、音楽総監督を務めるキリル・ペトレンコのアシスタント指揮者を務めた後、2017/2018のシーズンからグラーツ歌劇場の首席指揮者を務めてきた。2019/2020シーズンをもって退任したところ。

母国では2008年からオデッサ歌劇場の指揮者として活動している他、リヴィウで「LvivMozArt」という音楽祭を主催している。

写真:Oper Graz





関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  2. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  3. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  4. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2021年の音楽祭の日程を発表

  5. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  6. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィル恒例の「ヨーロッパ・コンサート」、今年は本拠地フィルハーモニーのホワイエで

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ラ・フォル・ジュルネ 〓 再延期を発表、開催は5月末

  11. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  12. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  13. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  14. ヴェローナ音楽祭 〓 2021年のスケジュールを発表、ムーティが《アイーダ》150周年公演を指揮

  15. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。