訃報 〓 リボール・ペシェク(89)チェコの指揮者

2022/10/24
【最終更新日】2023/02/05

チェコの指揮者リボール・ペシェク(Libor Pesek)が23日、プラハで死去した。89歳だった。チェコを代表する指揮者の一人として国際的に活躍、1987年から1998年まで英国のロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニック管弦楽団の音楽監督を務め、桂冠指揮者の肩書きを持つ。

1933年、プラハ生まれ。プラハ音楽院でピアノ、チェロ、トロンボーンを学ぶかたわら、ヴァーツラフ・スメターチェクやカレル・アンチェルらに指揮法を学んだ。1958年にプラハ室内ハーモニー管弦楽団の創設に加わり、1964年まで音楽監督を務め、そのかたわらチェコ国内のオーケストラ、歌劇場で指揮を重ねた。

1980年にスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任するが、1981年に退任。1982年からは1990年までチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を務めた。また、2007年から2019年まで、1993年にズデニェク・ コシュラーらによって創設されたチェコ国立交響楽団の首席指揮者を務めた。

チェコの音楽の解釈で高く評価され、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団とドボルザークの交響曲全集を完成させている他、ヨセフ・スーク、ヴィーチェスラフ・ノヴァークといった作曲家の再評価に貢献した。

また、あまり演奏機会に恵まれない作品も積極的に取り上げ、フランツ・シュミットの交響曲やスクリャービンのピアノ協奏曲などの録音を残している。

1996年に大英帝国勲章二等章(ナイト・コマンダー=KBE)、1997年にチェコ共和国功労勲章を受章している、

写真:Czech National Symphony Orchestra


関連記事

  1. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  4. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  5. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  6. ケベック発 〓 空席だったケベック響の音楽監督にクレメンス・シュルト

  7. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン(89)米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  8. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  9. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  10. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  11. ハーグ発 〓 レジデンティ管が次期首席指揮者に準・メルクル

  12. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  13. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。