サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 ガリシア王立フィルハーモニーの次期芸術監督にバルドゥア・ブレニマン

2022/11/24

スペインのガリシア王立フィルハーモニー(Real Filharmonía de Galicia)が次期芸術監督にスイスの指揮者バルドゥア・ブレニマン(Baldur Brönnimann)を迎えると発表した。2013年からその任にあり、この12月で退任するポール・ダニエルの後任で、2023年1月から活動をスタートさせるという。

ガリシア王立フィルハーモニーは1997年、指揮者のヘルムート・リリングを初代音楽監督に迎えて創設されたオーケストラで、スペイン北西部のガリシア州の州都サンティアゴ・デ・コンポステーラを本拠地に活動している。

ブレニマンはスイス・バーゼル生まれの54歳。バーゼル市立音楽院と英国マンチェスターの王立ノーザン音楽大学で学び、ヨーロッパ中心にさまざまなオーケストラに客演を続けている。

コロンビア国立交響楽団の音楽監督(2008-2012)、ノルウェーを代表する現代音楽アンサンブルBIT20アンサンブルの芸術監督(2011-2015)を歴任。2016年からはバーゼル・シンフォニエッタの初代首席指揮者を務め、2022/2023シーズンをもって退任することが決まっている。

写真:Basel Sinfonietta


関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  4. ライプツィヒ発 〓 18代目の「トーマスカントル」にアンドレアス・ライズが就任

  5. パリ発 〓 レジス・パスキエの愛器1736年製「グァルネリ・デル・ジェス」が競売に、推定落札価格は5億円超

  6. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  7. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が音楽監督のジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  8. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  9. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  12. 訃報 〓 ゲオルク・クリストフ・ビラー, ライプツィヒ聖トーマス教会第16代カントル

  13. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  14. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  15. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。