グラインドボーン発 〓 代役の呼び寄せに音楽祭がヘリコプターを手配、老舗の貫禄

2022/06/24

英国のグラインドボーン・フェスティバル・オペラ(Glyndebourne Festival Opera)で21日、代役のテノール歌手がヘリコプターで駆け付け、第2幕から出演するというスリリングな騒動が起きた。

騒動が起きたのは今年の音楽祭の新制作、エセル・スマイスの《ザ・レッカーズ》。この日の朝、マルク役に起用されているロドリゴ・ポーラス・ガルーロが不調を訴えたことから、午後になってリハーサルでカバー役を務めていたアダム・ギルバートを呼ぶことになったという。

ところが、意中のギルバートは既に休暇に入り、息子とアザラシを見るため500キロ近く離れたウェールズ沿岸のカーディガン島に滞在。しかも英国はこの日、ロシアのウクライナ侵略に対する経済制裁に伴う物価高騰に対して全土でゼネラル・ストライキのただ中にあり、長距離列車の運行が止まっていたという。

そこで、捻り出されたのが、ヘリコプターを飛ばすこと。そこは元々は限られた人たちが会員制で運用していた老舗の音楽祭の面目躍如で、会員によってヘリコプターが手配され、ギルバートは第2幕の幕開けに間に合ったという。

結局、第1幕はガルーロが歌い、第2幕と第3幕はガルーロが舞台上で演技、ギルバートがステージの袖で歌うというスタイルで事なきを得たという。ギルバートはBBCウェールズの取材に対して、「ヘリコプターに乗ったのは初めて」と語っている。

写真:BBC / Glyndebourne Festival Opera


関連記事

  1. 訃報 〓 ジェーン・マニング(82)英国のソプラノ歌手

  2. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  3. ミラノ発 〓 音楽監督のリッカルド・シャイーが反論、ウクライナ領事のスカラ座《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に

  4. シカゴ発 〓 シカゴ響が「ムーティ最後のシーズン」2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、注目集める客演指揮者

  5. ロンドン発 〓 BBCプロムス最終日の「ルール・ブリタニア」などの歌詞なし演奏めぐり論争勃発

  6. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  8. ネイプルズ発 〓 米国のネイプルズ管の芸術・音楽監督に英国のアレクサンダー・シェリー

  9. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  10. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  11. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  12. バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

  13. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、カステルッチの新演出による《ニーベルングの指環》が登場

  14. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

  15. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。