サンクト=ペテルブルク発 〓 ユーリ・テミルカーノフがサンクト=ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を辞任

2022/02/02
【最終更新日】2022/02/06

ロシアの指揮者ユーリ・テミルカーノフ(Yuri Temirkanov)が1月31日付けで、サンクト=ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督兼首席指揮者を辞任した。テミルカーノフは1988年以来、前任者のエフゲニー・ムラヴィンスキーの後を受け、30年の長きにわたってオーケストラを率いてきた。

サンクト=ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、ソ連時代はレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団と呼ばれていた名門。1882年にロマノフ王朝時代の宮廷管弦楽団として設立され、戦前の1938年から巨匠指揮者ムラヴィンスキーに鍛えられ、ソ連最高峰のオーケストラとしてその名を轟かせた。

テミルカーノフは1938年、カバルダ・バルカル共和国(大カフカス山脈の北側にあるロシア南東部の共和国でジョージアと国境を接する)首都ナリチク生まれの83歳。ヴァイオリンとビオラを学んだ後、レニングラード音楽院で名伯楽イリヤ・ムーシンに指揮を学び、1965年にサンクト=ペテルブルクのミハイロフスキー劇場でオペラ《椿姫》を振って指揮者デビューした。

以後、1968から1976年にレニングラード交響楽団 (現在のサンクト=ペテルブルク交響楽団)の首席指揮者、1977年からムラヴィンスキーの後を受けるまでキーロフ劇場(現在のマリインスキー劇場)の芸術監督・首席指揮者を務めた。

また、1992年に英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任、1998年からは桂冠指揮者。その後、1998年から2006年までボルティモア交響楽団の音楽監督を務めた。現在は英国在住で、ソ連時代に「人民芸術家」に叙せられ、ロシア時代になってからも受賞多数。

後任は2000年から副芸術監督を務めている65歳のニコライ・アレクセーエフ。レニングラード音楽院で合唱指揮をアベニール・ミハイロフ、指揮をマリス・ヤンソンスに学び、1982年のヘルベルト・フォン・カラヤン指揮者コンクール、1985年のヴァーツラフ・ターリヒ指揮者コンクールなどで入賞している。

2000年からサンクト=ペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に加わり、2001年から2010年にかけてエストニア国立交響楽団の首席指揮者を務めて評価を確立した。また、“お隣”のサンクト=ペテルブルグ交響楽団では2018/2019シーズンからシーズンの開幕と閉幕のコンサートの指揮を任されている。

写真:IMG


関連記事

  1. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  2. 東京発 〓 東京交響楽団の新しい楽団長にヴァイオリンの廣岡克隆

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が新シーズンの開幕に先立ち、「9.11同時多発テロ」犠牲者追悼コンサート

  4. 訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン, ドイツの指揮者・オーボエ奏者

  5. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  6. モンテカルロ発 〓 ネトレプコが約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に、4回目の声明でロシアでの出演を否定

  7. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  8. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  10. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  11. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  13. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが新制作の《フランチェスカ・ダ・リミニ》をライブ・ストリーミング

  15. 訃報 〓 エツィオ・ボッソ, イタリアのピアニスト・作曲家・指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。