訃報 〓 エドゥアルド・アルテミエフ(86)ロシアの作曲家

2023/01/02
【最終更新日】2023/02/05

ロシアの作曲家エドゥアルド・アルテミエフ(Eduard Artemyev)が12月29日、新型コロナウイルス感染に伴う肺炎でモスクワで亡くなった。86歳だった。主にシンセサイザーを用いた電子音楽、映画音楽を手がけ、アンドレイ・タルコフスキー監督の映画『惑星ソラリス』の音楽などで知られる。

1937年、ノヴォシビルスク生まれ。家族はモスクワからの移住者で、7歳の時にモスクワに暮らす叔父の下に預けられ、モスクワ合唱大学(現在のポポフ合唱アカデミー)で音楽教育を受けた。長じてモスクワ音楽院に入学、ユーリ・シャポーリンの下で作曲を学んだ。

音楽院を卒業した1960年、世界初の光電子合成装置「ANSシンセサイザー」を開発したエフゲニー・ムルジンと出会い、1961年から1963年にかけて彼の下で、モスクワの軍事研究所の音響研究室の上級エンジニアとして活動。旧ソ連で電子音楽というジャンルを切り拓いた作曲家の一人として、「電子音楽の祖」とも呼ばれた。

1963年には作曲家ヴァノ・ムラデリの提案で、ミハイル・カリウコフとオタール・コベリゼが監督したSF映画『再会の夢』の音楽をANSで録音。以後、アンドレイ・タルコフスキーやニキータ・ミハルコフ、アンドレイ・コンチャロフスキーといった監督の作品など、170作品近い映画やドキュメンタリーなどに音楽を提供している。

タルコフスキー作品では代表作の『惑星ソラリス』、『鏡』や『ストーカー』に音楽を提供。また、それらの音楽が1980年のモスクワ五輪、2014年のソチ冬季五輪の開会式や閉会式などに使われた。

一方でモスクワ国立文化大学やモスクワ音楽院で後進の指導に当たり、ロシア音楽連合評議会の共同議長、ロシア作曲家連合評議会のメンバー、ロシア映画芸術アカデミーやロシア国立映画芸術科学アカデミーの会員など数多くの公職を歴任した。

また、名誉芸術家(1985年)、人民芸術家(1999年)、労働英雄(2022年)をはじめ、ロシア連邦の国家賞も4回受賞。2001年と2022年にモスクワ国際映画祭賞を受賞している。

2016年にはスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場で、コンチャロフスキー監督の演出によってロック・オペラ《罪と罰》が初演され、それが2017年の「ゴールデン・マスク・シアター賞の「ミュージカル・シアターにおける作品」部門賞を受賞している。

RIA Novosti / Ruslan Krivobok


関連記事

  1. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  2. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場が新制作の《幽霊屋敷》の初日9日の公演をライブ・ストリーミング

  4. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新制作《カプリッチョ》をストリーミングへ、指揮はティーレマン

  5. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  6. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  7. 訃報 〓 ホセ・アントニオ・アブレウ(79)エル・システマの創設者

  8. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  9. ロンドン発 〓 「BBCミュージック・マガジン」年次賞のノミネート・アルバム決まる

  10. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  11. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  12. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  15. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。