ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

2020/01/11

ラトヴィア出身の指揮者アンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)の指揮で元旦に行われたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Vienna Philharmonic Orchestra)の「ニューイヤー・コンサート」。CDなどの発売に先立ち、ソニー・ミュージック・ジャパンが10日からライブ音源を使ったネット配信をスタートさせた。国内盤CDは1月29日、ブルーレイディスクは2月19日に発売される予定。

2020年は、ベートーヴェンの生誕250年、ヨーゼフ・シュトラウスの没後150年、ザルツブルク音楽祭の創設100年、ウィーン楽友協会の竣工150年というさまざまなアニバーサリー・イヤーが重なったこともあり、プログラムは実に多彩。初登場となる作品が9曲を数える。また、コンサートを締め括る「ラデツキー行進曲」も、これまで使ってきたレオポルト・ヴェニンガーの編曲から新しい編曲で演奏されている。

ネルソンズは現在、ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を兼任するなど、音楽界で最も注目を集める指揮者。ウィーン・フィルとも2010年のデビューから既に80回近く共演しており、2019年にはベートーヴェンの交響曲全曲を完成させたばかり。ラトヴィア国立歌劇場の首席トランペットというキャリアを持つだけに「郵便馬車の御者のギャロップ」では見事なサプライズ演奏を披露、会場を沸かせている。

写真:Vienna Philharmonic Orchestra / Sony Music Japan / Terry Linke


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  2. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  3. ロサンゼルス発 〓 ルドウィグ・ゴランソンが映画『オッペンハイマー』の音楽で2度目の作曲賞

  4. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  5. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  6. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  7. モスクワ発 〓 ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督に就任

  8. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルの音楽監督にクシシュトフ・ウルバンスキ

  9. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルが首席客演指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  10. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  11. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  12. ベルリン発 〓 メルケル政権、コンサートなどのイベントは8月末まで禁止

  13. エーテボリ発 〓 ソプラノのバーバラ・ハンニガンがエーテボリ響の首席客演指揮者を続投

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  15. 訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー(80)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。