ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

2020/01/11

ラトヴィア出身の指揮者アンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)の指揮で元旦に行われたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Vienna Philharmonic Orchestra)の「ニューイヤー・コンサート」。CDなどの発売に先立ち、ソニー・ミュージック・ジャパンが10日からライブ音源を使ったネット配信をスタートさせた。国内盤CDは1月29日、ブルーレイディスクは2月19日に発売される予定。

2020年は、ベートーヴェンの生誕250年、ヨーゼフ・シュトラウスの没後150年、ザルツブルク音楽祭の創設100年、ウィーン楽友協会の竣工150年というさまざまなアニバーサリー・イヤーが重なったこともあり、プログラムは実に多彩。初登場となる作品が9曲を数える。また、コンサートを締め括る「ラデツキー行進曲」も、これまで使ってきたレオポルト・ヴェニンガーの編曲から新しい編曲で演奏されている。

ネルソンズは現在、ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を兼任するなど、音楽界で最も注目を集める指揮者。ウィーン・フィルとも2010年のデビューから既に80回近く共演しており、2019年にはベートーヴェンの交響曲全曲を完成させたばかり。ラトヴィア国立歌劇場の首席トランペットというキャリアを持つだけに「郵便馬車の御者のギャロップ」では見事なサプライズ演奏を披露、会場を沸かせている。

写真:Vienna Philharmonic Orchestra / Sony Music Japan / Terry Linke


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. カルガリー発 〓 ホーネンス国際ピアノ・コンクールが1年延期を発表

  2. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

  4. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  5. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  6. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  7. ロンドン発 〓 ルプーが引退へ

  8. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  9. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  11. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  12. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  13. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。