ロンドン発 〓 英国王立音楽院の弦楽器部門の責任者にコントラバスのグラハム・ミッチェル、ハープ部門はカトリン・フィンチ

2022/03/24

英国王立音楽院(Royal Academy of Music University of London RAM)がイングリッシュ・ナショナル・オペラの首席コントラバス奏者で教授を務めてきたグラハム・ミッチェル(Graham Mitchell)を弦楽器部門の責任者に任命したと発表した。12年間その任にあったチェロ奏者のジョー・コール(Jo Cole)の後任。また、ハープ部門の責任者にはカトリン・フィンチ(Catrin Finch)が任命された。

写真:Klosters Music / Marcel Giger


関連記事

  1. ロンドン発 〓 クラシック音楽界の5つのレーベルがウクライナ人道支援のための募金活動

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  3. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  4. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  5. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ライプツィヒ発 〓 チェロの鈴木秀美が「ヨハン・セバスティアン・バッハ国際コンクール」のチェロ/バロック・チェロ部門の審査委員長に

  7. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  8. 訃報 〓 ドミニク・アルジェント(91)米国の作曲家

  9. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  10. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  11. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  12. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン(57)ドイツのテノール歌手

  13. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  14. 東京発 〓 ウェルザー=メストの代役はソヒエフ、ウィーン・フィルの日本ツアー

  15. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。