ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

2021/11/10

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が2022年2月の「オーパンバル=Opernball」について、現時点では開催を明言できないと発表した。オーストリアで新型コロナの感染者数が再び急増しているため。今年は新型コロナの流行で中止されている。

オーストリアの新型コロナの感染者数は10月後半から急増。11月10日時点で1日あたりの新規感染者は8000人を超え、過去最高を更新した。ドイツも感染者が急増しているが、人口10万人あたりの感染者数はその3倍。

国立歌劇場主催の「オーパンバル」は、2月の「灰の水曜日」の前の木曜日に行っている恒例行事。創設はオーストリア=ハンガリー帝国時代の1877年と古く、ヨーロッパで最も格式高いダンス・パーティの一つ。

毎年、海外からのゲストを含めて5,000人を超える人たちが参加、全世界に中継される放送を約250万人が観ているとされる。65回目となる2022年は2月24日の開催。

夏から準備が続いており、2022年の参加者「デビュタント」のオーディションも既に終了。当日のチケットだけでなく、前日に行われるドレス・リハーサルのチケットも完売しているという。

写真:Wiener Staatsoper







関連記事

  1. ラ・スペツィア発 〓 空母の甲板でオペラ《蝶々夫人》を上演

  2. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  3. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が空席だったコンサートマスターにデイヴィッド・ラジンスキ

  4. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  5. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが音楽監督のアイヴァー・ボルトンとの契約を延長

  6. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン(57)ドイツのテノール歌手

  7. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー(60)オーストリアのテノール歌手

  8. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルの首席指揮者退任へ

  9. ジュネーブ発 〓 ジョナサン・ノットが音楽監督を務めるスイス・ロマンド管と契約更改、任期を2026年まで延長

  10. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  11. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  12. パリ発 〓 パリ国立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ボン発 〓 若手指揮者のヨエル・ガムゾウが活動の半分を新作初演に当てる新しいオーケストラを創設

  14. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。