クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

2022/09/28
【最終更新日】2022/09/29

マーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜が先週、クリーブランド管弦楽団(Cleveland Orchestra)に寄贈された。寄贈したのは、オーストリアの実業家ハーバート・クライバー博士。それを記念して、オーケストラは105年目のシーズンの開幕を飾る9月29日と30日の演奏会で、音楽監督のフランツ・ウェルザー=メストの指揮で交響曲第2番を取り上げる。

自筆譜はかつて、実業家として成功した後、《復活》を指揮することを夢見てゲオルグ・ショルティらに師事、その後、《復活》だけを専門に指揮する指揮者として活動したギルバート・キャプランが所有していたもの。キャプランは生前、複製譜も出版。2016年に亡くなった後、サザビーズのオークションで匿名で落札されていた。

寄贈したクライバー博士は、クリーブランド管弦楽団の国際評議員、ヨーロッパ諮問委員会の議長、メトロポリタン歌劇場の諮問理事を務める人物。寄贈に当たり、「自筆譜を入手したとき、私は一時的な管理人として、この素晴らしい文書の永久保存先を見つける責任があるとわかっていた。近年、クリーブランド管弦楽団との素晴らしいコンサート経験が私を動かし、この偉大な文書に素晴らしい住処を提供することになった」と語っている。

オーケストラはコンサートに先立ち、28日に本拠地のセヴェランス・ホールで自筆譜を無料で公開する他、「クリーブランド美術館と共同で保存し、研究者に提供すると同時に、将来的には一般公開する」としている。

写真:Cleveland Orchestra


関連記事

  1. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  2. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  3. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム(87)イギリスのギタリスト

  4. ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

  5. パリ発 〓 パリ国立オペラが総監督のニーフとの契約を更改、2031/2032シーズン終了まで任期延長

  6. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. 訃報 〓 カラン・アームストロング(79)米国のソプラノ歌手

  8. リヨン発 〓 ニコライ・シェプス=ズナイダーが音楽監督を務めるリヨン国立管との契約を延長

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  11. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  12. ブエノスアイレス発 〓 テアトロ・コロンが2024年の公演ラインナップを発表

  13. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  14. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  15. ボルドー発 〓 ボルドー・アキテーヌ国立管の音楽監督にジョセフ・スヴェンセン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。