クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

2022/09/28
【最終更新日】2022/09/29

マーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜が先週、クリーブランド管弦楽団(Cleveland Orchestra)に寄贈された。寄贈したのは、オーストリアの実業家ハーバート・クライバー博士。それを記念して、オーケストラは105年目のシーズンの開幕を飾る9月29日と30日の演奏会で、音楽監督のフランツ・ウェルザー=メストの指揮で交響曲第2番を取り上げる。

自筆譜はかつて、実業家として成功した後、《復活》を指揮することを夢見てゲオルグ・ショルティらに師事、その後、《復活》だけを専門に指揮する指揮者として活動したギルバート・キャプランが所有していたもの。キャプランは生前、複製譜も出版。2016年に亡くなった後、サザビーズのオークションで匿名で落札されていた。

寄贈したクライバー博士は、クリーブランド管弦楽団の国際評議員、ヨーロッパ諮問委員会の議長、メトロポリタン歌劇場の諮問理事を務める人物。寄贈に当たり、「自筆譜を入手したとき、私は一時的な管理人として、この素晴らしい文書の永久保存先を見つける責任があるとわかっていた。近年、クリーブランド管弦楽団との素晴らしいコンサート経験が私を動かし、この偉大な文書に素晴らしい住処を提供することになった」と語っている。

オーケストラはコンサートに先立ち、28日に本拠地のセヴェランス・ホールで自筆譜を無料で公開する他、「クリーブランド美術館と共同で保存し、研究者に提供すると同時に、将来的には一般公開する」としている。

写真:Cleveland Orchestra


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 香港発 〓 香港フィルが日本、韓国ツアーを中止

  3. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  4. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  5. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  6. ミラノ発 〓 スカラ座もゲルギエフを解任、《スペードの女王》の指揮は27歳のティムール・ザンギエフに交代

  7. サンクト=ペテルブルク発 〓 ユーリ・テミルカーノフがサンクト=ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を辞任

  8. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  9. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  10. 松本発 〓 小澤征爾が4年ぶりにサイトウ・キネン・オーケストラを指揮、演奏は宇宙の若田光一飛行士へライブ配信

  11. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  12. ブダペスト発 〓 ブダペスト祝祭管弦楽団が新型コロナウイルスの犠牲者を追悼する演奏会でモーツァルトのレクイエム

  13. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 訃報 〓 ジョセフィン・ヴィージー, 英国のメゾ・ソプラノ歌手

  15. 訃報 〓 ニクサ・バレザ, クロアチアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。