エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

2017/12/16
【最終更新日】2018/02/06

ジョナサン・ミルズ卿からバトンを受け継ぎ、2015年から芸術祭のディレクターを務めてきたファーガス・リネハンの契約が2022年まで延長された。リネハンはアイルランド人で、1999年から2004年までダブリン・ダンス・フェスティバル、2004年から2009年までシドニー・フェスティバルを牽引してきた人物。2012年までシドニー・オペラ・ハウスの現代音楽部門のディレクターを務め、音楽のジャンルにこだわらない斬新なプログラミング編成で注目を集めた。就任後、国際芸術祭と「エディンバラ・フリンジ」の同時開催に踏み切るなど、新路線を進めている。2018年の芸術祭は8月3日から27日。そのスケジュールは、2018年3月14日に発表される。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の聖霊降臨祭音楽祭スケジュールを発表

  2. バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン祝祭劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. 訃報 〓 フランスの作曲家、ミシェル・ルグラン

  4. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  5. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  6. ロングボロー・オペラ 〓 今年から新しい「リング・チクルス」がスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。