訃報 〓 ジョージ・クラム(92)米国の作曲家

2022/02/10
【最終更新日】2023/02/06

米国の作曲家ジョージ・クラム(George Crumb)が2月6日、ペンシルバニア州メディアの自宅で亡くなった。92歳だった。死因は発表されていない。1960年から世界の前衛音楽の潮流を牽引、1967年に《時と河のこだま》でピューリッツァー賞を、2011年に《星の子供》でグラミー賞現代音楽最優秀作品賞を受賞している。

1929年、ウェストヴァージニア州のチャールストン生まれ。音楽一家で育ち、少年時代から作曲を始める。イリノイ大学で音楽を学んだ後、ベルリンに短期留学。帰庫してからミシガン大学で学び、1959年に博士号を取得した。

その後、作曲活動のかたわら、教壇に立って音楽教育に尽力、1958年にはコロラド大学でピアノと作曲の教授に就任、1965年からはペンシルヴァニア大学に転じ、30年近く教壇に立った。1983年にはアネンバーグ大学の人類学教授を務めている。

自然と音の交わり、音色を追求した作曲家として知られ、しゃべりながら管楽器を吹いたり、ピアノの内部の弦を弾いたりする特殊奏法を駆使して新しい音色を探求した。また、定形化された記譜法を使用せず、楽曲をコード化、視覚化した渦巻状や螺旋状の「図形楽譜」でも知られる。

代表作にデヴィッド・ボウイが最も好きなアルバムの一つとして挙げていた《ブラック・エンジェルズ》、バルトークの《ミクロコスモス》を見据えた4巻からなる大作のピアノ曲集《マクロコスモス》などがある。門下生からはオスバルド・ゴリホフなどがいる。

写真:Philadelphia Inquirer / Sarah Shatz





関連記事

  1. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  2. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  3. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  5. 東京発 〓 東響が「ニコ動」で「第九」公演をライブ配信、ステージには過去最多のカメラ40台

  6. レノックス発 〓 タングルウッド音楽祭が2022年のスケジュールを発表

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  8. ブルノ発 〓 ブルノ国民劇場がヤナーチェクのオペラ《運命》をライブ・ストリーミング

  9. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  10. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルの次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  11. ルートヴィヒスハーフェン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが首席指揮者のマイケル・フランシスとの契約を延長

  12. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  13. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード(81)英国の指揮者

  14. ヘルシンボリ発 〓 ヘルシンボリ響の首席指揮者にマキシム・パスカル

  15. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。