東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

2019/12/26

プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)の代役決まるー。2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム《KABUKI×OPERA「光の王」》に、ドミンゴの代役として、ソプラノ歌手のアンナ・ピロッツィ(Anna Pirozzi)とバリトン歌手のアーウィン・シュロット(Erwin Schrott)が出演することになった。大会組織委員会が24日に発表した。二人は来年4月、歌舞伎俳優の市川海老蔵と共演する。

ピロッツィは1975年、ナポリの生まれ。2013年のザルツブルク音楽祭でリッカルド・ムーティ指揮の《ナブッコ》のアビガイッレ役に起用され、センセーショナルなデビューを果たした若手。そのドラマティックな声で注目を集め、2016年には《二人のフォスカリ》でスカラ座にデビュー。ヴェルディ・ソプラノとして現在最も高い評価を受けている。今回の出演が初来日となる。

一方のシュロットは1972年、ウルグアイの首都モンテビデオの生まれ。1988年にドミンゴ主宰の声楽コンクール「オペラリア」で優勝して一躍注目を集めた。2000年に《ラ・ボエーム》のコッリーネ役でニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビュー。《ドン・ジョヴァンニ》のレポレッロ役で、2003年にロイヤル・オペラ、2008年にザルツブルク音楽祭にデビュー。現在、もっともセクシーなドン・ジョヴァンニといわれている。

写真:annapirozzi.com /  Victor Santiago

    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  2. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  3. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  4. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  5. 訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

  6. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  8. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  9. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  10. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  11. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  12. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  13. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  14. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  15. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。