フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/05/08

ドイツ・フランクフルト歌劇場(Oper Frankfurt)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新制作は以下の通りで、ラインナップにはイタリアの作曲家ルチア・ロンケッティのオペラ《インフェルノ》の世界初演の他、フランクフルト初演の演目が多数並んでいる。


リゲティ《ル・グラン・マカーブル》=フランクフルト初演
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:ヴァシリー・バルカトフ


オッフェンバック《山賊》=フランクフルト初演
指揮:カーステン・ヤヌシュケ
演出:カタリーナ・トーマ


ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》
指揮:ジェームス・ヘンドリー
演出:カテリーナ・パンティ・リヴェロヴィッチ


ツェムリンスキー《夢みるゲールゲ》=フランクフルト初演
指揮:マルクス・ポシュナー
演出:ティルマン・ケラー


ジョルダーノ《フェドーラ》=フランクフルト初演
指揮:カルロ・モンタナーロ
演出:クリストフ・ロイ


ヴェルディ《アイーダ》
指揮:ヤデル・ビニャミーニ
演出:リディア・スタイアー


ブリテン《燃える炉》=フランクフルト初演
指揮:マリオ・アントニオ・マラ
演出:マヌエル・シュミット


ヘンデル《オルランド》
指揮:シモーネ・ディ・フェリーチェ
演出:テッド・ハフマン


ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:キース・ウォーナー


プーランク《カルメル派修道女の対話》=フランクフルト初演
指揮:ギードレ・シュレカイテ
演出:クラウス・グート


ルチア・ロンケッティ《インフェルノ》=世界初演
指揮:ティト・チェッケリーニ
演出:マルクス・ロベス


写真:Oper Frankfurt


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  2. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  3. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  4. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  5. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  6. ゲッティンゲン発 〓 ヘンデル音楽祭が延期を発表

  7. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  8. 訃報 〓 ミシェル・トランポン, ベルギーのバリトン歌手

  9. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  10. モスクワ発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督に

  11. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 聖霊降臨祭の音楽祭を中止

  12. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  13. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  14. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。