フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/05/08

ドイツ・フランクフルト歌劇場(Oper Frankfurt)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新制作は以下の通りで、ラインナップにはイタリアの作曲家ルチア・ロンケッティのオペラ《インフェルノ》の世界初演の他、フランクフルト初演の演目が多数並んでいる。


リゲティ《ル・グラン・マカーブル》=フランクフルト初演
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:ヴァシリー・バルカトフ


オッフェンバック《山賊》=フランクフルト初演
指揮:カーステン・ヤヌシュケ
演出:カタリーナ・トーマ


ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》
指揮:ジェームス・ヘンドリー
演出:カテリーナ・パンティ・リヴェロヴィッチ


ツェムリンスキー《夢みるゲールゲ》=フランクフルト初演
指揮:マルクス・ポシュナー
演出:ティルマン・ケラー


ジョルダーノ《フェドーラ》=フランクフルト初演
指揮:カルロ・モンタナーロ
演出:クリストフ・ロイ


ヴェルディ《アイーダ》
指揮:ヤデル・ビニャミーニ
演出:リディア・スタイアー


ブリテン《燃える炉》=フランクフルト初演
指揮:マリオ・アントニオ・マラ
演出:マヌエル・シュミット


ヘンデル《オルランド》
指揮:シモーネ・ディ・フェリーチェ
演出:テッド・ハフマン


ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:キース・ウォーナー


プーランク《カルメル派修道女の対話》=フランクフルト初演
指揮:ギードレ・シュレカイテ
演出:クラウス・グート


ルチア・ロンケッティ《インフェルノ》=世界初演
指揮:ティト・チェッケリーニ
演出:マルクス・ロベス


写真:Oper Frankfurt


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  2. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新制作《カプリッチョ》をストリーミングへ、指揮はティーレマン

  3. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  4. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  5. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  8. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  9. 訃報 〓 ミシェル・トランポン, ベルギーのバリトン歌手

  10. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が夏のオペラ・フェスティバルのスケジュールを発表

  12. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  13. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  14. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  15. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。