ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信のための有料プラットホーム起ち上げ、名付けて「グラインドボーン・アンコール」

2021/12/28
【最終更新日】2022/02/15

グラインドボーン音楽祭(Glyndebourne Festival Opera)がストリーミング配信のための有料のプラットホームを新たに起ち上げた。「グラインドボーン・アンコール」と命名され、12月1日から運用が始まった。年間購読料金は79.99ポンド(約12,000円)で、過去の音楽祭の公演の映像から最新の公演の映像まで楽しめる。

写真:Glyndebourne Festival Opera


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  2. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  4. ベルリン発 〓 バレンボイムが健康上の理由から、5月1日のベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」の指揮から降板

  5. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  8. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  10. ベルリン発 〓 バレンボイムの功績に対して、ベルリン州立オペラが「名誉会員」、ベルリン・シュターツカペレが史上初の「名誉首席指揮者」の称号

  11. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  12. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを延長、2022年1月14日まで

  13. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  14. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場がファッション・ショーとクラブ・パーティー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。