ロサンゼルス発 〓 ガーセッティ市長がイベントの年内解禁に疑問符

2020/04/19

米国ロサンゼルス市のエリック・ガーセッティ(Eric Garcetti)市長のCNNのインタビューに対する発言が波紋を広げている。

現地での報道を総合すると、新型コロナウイルスの感染拡大の対応に追われる市長は「数千人が集まる光景がすぐに到来することを想像するのは難しい。今年はそういう事態に備えるべき」と発言。スポーツ・イベントやコンサートなどの開催を2021年まで解禁しない可能性を示唆した。

早くても年明けになると予想されている治療薬やワクチンの登場まで、多くの人が集まるイベントの解禁は難しいという見方が市長の発言で提示された格好。

米国では、5月1日まで全国的に大規模イベントの開催禁止や劇場の封鎖が行われているが、カリフォルニア州は閉鎖をさらに15日まで封鎖を延長する方針を既に打ち出している。

カリフォルニア州の感染状況は4月15日現在、感染者23,338名、死亡者758名。ロサンゼルスでは10,047人の感染が判明、360人が命を落としている。

音楽界では、ロサンゼルス・オペラ、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団ともに2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセルした。

このため、ロサンゼルス・フィルは101人のオーケストラ・メンバーの減給を決め、4月20日からは基本給の65%支給とした上、94人のパートタイマーについてはレイオフに踏み切っている。音楽監督のグスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)もキャンセルされた公演分の報酬を返上した。

9月の2020/2021シーズン幕開で仕切り直し、という計画も、現時点では厳しいとの見方も浮上。オペラ界、オーケストラ界は一段と厳しい状況に追い込まれそうだ。

写真:Mayor Eric Garcetti / coronavirus.lacity.org


関連記事

  1. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  2. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  3. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  4. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  6. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  7. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  8. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  9. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  10. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  11. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  13. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  14. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  15. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。