ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

2021/01/15

米国のダラス交響楽団(Dallas Symphony Orchestra)が13日、音楽監督を務める指揮者のファビオ・ルイージ(Fabio Luisi)との契約を延長したと発表した。任期は2029年まで5年伸びる。

ルイージはイタリア・ジェノヴァ出身の61歳。現在はフィレンツェ五月音楽祭の音楽監督(2019-)、デンマーク国立交響楽団の音楽監督(2017-)を務めるかたわら、世界各地の歌劇場、オーケストラに客演を続けている。

ダラス響の音楽監督は2020/2021シーズンからスタートしたばかり。10年かけて米国の作曲家への作曲委嘱を行い、20作品を初演していく計画に取り組むという。

写真:Dallas Symphony Orchestra / Ben Torres


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  2. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  3. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  4. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  5. 訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

  6. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  7. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  8. ヴィリニュス発 〓 リトアニア国立オペラ・バレエ閉鎖へ、総監督の新型コロナ感染で

  9. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  10. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  11. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  12. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  13. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  15. ナント発 〓 国立ロワール管が新シーズンのラインナップ発表を見送り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。