ラヴェンナ発 〓 ムーティ、肺炎でダウン

2021/12/21
【最終更新日】2021/12/22

指揮者のリッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)が肺炎でコンサートの指揮をキャンセルした。ラヴェンナ音楽祭のプレスリリースによると、新型コロナによる肺炎ではなく、経過は良好という。ムーティは7月28日に80歳の誕生日を祝ったばかり。

キャンセルしたのは12月18日のリミニ、20日のラヴェンナのコンサート。前者はマラテスティアーナ音楽祭、後者はラヴェンナ音楽祭への出演で、どちらもルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団とヴェルディ《ナブッコ》の音楽を取り上げるコンサートだった。

代役に立ったのは、ムーティがミラノで先日行った「イタリア・オペラ・アカデミーに参加していた4人の若い指揮者。ジュゼッペ・ファムラロ(30)、ヘンリー・ケネディ(25)、CJWウー(35)、クリスチャン・スパタル(23)で、4人が交代でアリアなどを指揮した。

写真:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  3. ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

  4. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  5. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  6. ミラノ発 〓 スカラ座のトップ、当初の予定通りこの9月でオルトンビーナに交代

  7. ハノーファー発 〓 州立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、第2カペルマイスターの熊倉優が新制作の2作品を指揮

  8. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  10. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  11. カンザスシティ発 〓 ヴァイオリンの岩崎潤がカンザスシティ響のコンサートマスターに

  12. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  13. ヘルシンキ発 〓 ヘルシンキ・フィルの次期首席指揮者にユッカ=ペッカ・サラステ

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  15. 名古屋発 〓 名古屋フィルのコンサートマスターに小川響子

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。