北京発 〓 中国の“ウイルス征圧”投稿が物議

2020/04/01

新型コロナウイルスの感染拡大で世界各国で混乱が続く中、中国の“ウイルス征圧”をアピールする映像がYouTubeに投稿されて物議を醸している。

投稿されたのは、中国国営の中国国家大剧院のオーケストラ、合唱団が演奏している映像。映像の中では、王黎光(中国音楽学院院長)作曲、王寧(中国国家大劇院院長)作词の「What Angels Say」という作品が演奏されている。

YouTubeへの投稿は個人名で投稿され、歌詞は医療従事者へ感謝を綴っているが、英語のタイトルに加えて、英語の字幕も入っており、“中国の勝利”を国際的に広く喧伝するための動きの一つとみられる。

今回の新型コロナウイルスは中国発でありながら、中国が情報の隠蔽を行い、中国の影響下にある世界保健機構(WHO)が忖度したことで国際的な対策が遅れ、世界規模での感染を招いた。

世界中がウイルスと必死に闘っている中、加害者の自覚を忘れた映像を流布する中国の動きは、他国の苦境への思いやりを欠き、多くの人たちの神経を逆なでしそうだ。

写真:You Tube / National Centre for the Performing Arts




関連記事

  1. 福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

  2. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  3. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  4. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  6. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  7. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ歌劇場が3日からオペラ3作品をストリーミング配信

  8. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  9. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  10. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  11. バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

  12. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  13. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  15. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。