ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

2020/03/14

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で閉鎖が続いているウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が15日から、アーカイブを使ったストリーミング配信を始めることを決めた。公演休止中の4月2日までは無料で、毎日違う演目が配信される。演目は以下の通り。

……… 3月

15日
ワーグナー《ラインの黄金》
指揮:アダム・フィッシャー
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2016年1月10日収録

16日
ヴェルディ《ファルスタッフ》
指揮:ジェームズ・コンロン
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
(収録)2019年1月30日

17日
ペーテル・エトヴェシュ《三人姉妹》
指揮:ペーテル・エトヴェシュ
演出:ユヴァル・シャロン
(収録)2016年3月18日

18日
ワーグナー《ワルキューレ》
指揮:サイモン・ラトル
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2015年5月31日

19日
ヴェルディ《ファルスタッフ》
指揮:ズービン・メータ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
(収録)2016年12月15日

20日
プッチーニ《トスカ》
指揮:ダン・エッティンガー
演出:マルガレーテ・ヴァールマン
(収録)2015年12月5日

21日
ロッシーニ《チェネレントラ》
指揮:ジャン=クリストフ・スピノジ
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2018年2月22日

22日
ワーグナー《ジークフリート》
指揮:アクセル・コーバー
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2019年1月16日

23日
プッチーニ《トスカ》
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:マルガレーテ・ヴァールマン
(収録)2019年2月17日

24日
ドニゼッティ《愛の妙薬》
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:オットー・シェンク
(収録)2017年2月26日

25日
ロッシーニ《チェネレントラ》
指揮:スペランツァ・スカップッチ
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2016年11月10日

26日
プッチーニ《トスカ》
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:マルガレーテ・ヴァールマン
(収録)2019年6月23日

27日
モーツァルト《フィガロの結婚》
指揮:アダム・フィッシャー
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ
(収録)2017年9月15日

28日
ワーグナー《神々の黄昏》
指揮:アクセル・コーバー
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録)2019年1月20日

29日
グノー《ロメオとジュリエット》
指揮:プラシド・ドミンゴ
演出:ユルゲン・フリム
(収録)2017年2月1日

30日
モーツァルト《フィガロの結婚》
指揮:コルネリウス・マイスター
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ
(収録)2016年6月28日

31日
ドニゼッティ《愛の妙薬》
指揮:スペランツァ・スカップッチ
演出:オットー・シェンク
(収録)2018年11月8日

……… 4月

1日
リヒャルト・シュトラウス《影のない女》
指揮:クリスティアン・ティーレマン
演出ヴァンサン・ユゲ
(収録)2019年6月10日

2日
グリーグ《ペール・ギュント》
指揮:サイモン・ヒューイット
(収録)2018年12月10日

写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  2. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ロンドン発 〓 英国がイングランド全域で厳しいロックダウンを再導入

  5. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  6. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  7. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  8. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  11. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  12. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  13. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  14. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  15. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。