アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/29

オランダ国立オペラ(Dutch National Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

1988年から芸術監督を務めてきたピエール・アウディ(Pierre Audi)の最後のシーズン。スタンダードな新制作に加えて、現代物の上演に積極に取り組んでいるのがここの流儀。いつながらの重厚なラインナップになっている。

ラインナップは以下の通り。


ボーイト《メフィストフェレ》 = 新制作
9.5 →
演出:タチヤナ・ギュルバカ
指揮:マルコ・アルミリアート


カイヤ・サーリアホ 《イノセンス》 = オランダ初演
10.7 →
演出:サイモン・ストーン
指揮:スザンナ・マルッキ


レオナルド・エヴァース《クリーベル》
10.10 →


モーツァルト《フィガロの結婚》
11.7 →
演出:ダーヴィッド・ベッシュ
指揮:リッカルド・ミナーシ


ヴェルディ《アイーダ》 = 新制作
12.3 →
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
指揮:アンドレア・バッティストーニ


ジェラルド・バリー《地下の国のアリス》 = オランダ初演
12.19 →
演出:アントニー・マクドナルド
指揮:カレン・カメンセック


ヘンデル《アグリッピナ》
1.14, 2021 →
演出:バリー・コスキー
指揮:オッターヴィオ・ダントーネ


ワーグナー《さまよえるオランダ人》 = 新制作
2.4 →
演出:フランソワ・ジラール
指揮:ヨアナ・マルヴィッツ


レオナルド・エヴァース《金》 = 新制作
2.20 →
演出:Waut Koeken
指揮:レオナルド・エヴァース


ストラヴィンスキー《エディプス王》
サミムーサ《アンチゴーヌから》
= 世界初演
3.10 →
演出:ウェイン・マクレガー
指揮:エリック・ニールセン


《クラブ・ファウスト》 = 世界初演
3.17 →
演出:Belle van Heerikhuizen
指揮:Romain Bischof


ミシェル・ファン・デル・アー《アップロード》 = 世界初演
3.20 →
演出:ミシェル・ファン・デル・アー
指揮:オットー・タウスク


レハール《メリー・ウィドウ》 = 新制作
4.17 →
演出:クリストフ・ロイ
指揮:マルコ・レトーニャ


ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 = 新制作
5.6 →
演出:Jetske Mijnssen
指揮:エンリケ・マッツォーラ


ベルリオーズ《ファウストの劫罰》 = 新制作
6.3 →
演出:カリスト・ビエイト
指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト


写真:Dutch National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 リン・ハレル, 米国のチェロ奏者

  2. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  4. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  6. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  7. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  10. 訃報 〓 ルース・ファルコン, アメリカのソプラノ歌手

  11. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  12. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  13. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  14. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  15. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。