ラヴェンナ芸術祭
Ravenna Festival

[開催都市]
 Ravenna … Italy
 ラヴェンナ … イタリア

[開催時期]
 2024:5.11 … 7.8


  音楽祭のサイトへ ▷


アドリア海に面した街ラヴェンナまで、ボローニャから車で2時間ほど。フィレンツェ生まれの詩人ダンテ・アリギエーリはこの街で『新曲』を書き、晩年を過ごし、そしてこの街に眠っている。

ラヴェンナはかつての西ローマ帝国の都だったことで知られる古都で、初期ビザンティン美術の傑作サン・ヴィターレ教会や典型的なバシリカ様式のサンタ・ポリナーレ・イン・クラッセ教会など8つの建造物が「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

5月から7月にかけて行われている音楽祭は1990年、指揮者のリッカルド・ムーティ夫人のクリスティーナ女史が創設したもの。もちろん、夫君の全面協力を受けている。プログラムの幅は、オペラ、室内楽、オーケストラ・コンサート、宗教音楽、バロック音楽、現代音楽と幅広い。また、バレエに力を入れているのも特徴だ。

夏のプログラム以外に、2012年からは「秋の三部作」と銘打ったオペラ上演が11月に行われるようになった。アリギエーリ劇場を拠点にしながら、教会などの歴史的な建造物の他、3,200人を収容する屋内競技場「パラッツォ・マウロ・アンドレ」などでも公演が行われる。

当初はムーティと縁の深いウィーン・フィル、ミラノ・スカラ座管弦楽団などが客演してきたが、現在はレジデント・オーケストラとして「ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団」が編成されて中心的な役割を担う。

海を挟んで、ボスニア・ヘルツェゴビナがあり、1997年にその首都サラエボでコンサートを行って以来、「友情の道」と名付けたアウトリーチ活動に取り組んでいるのも特徴。その枠の中で音楽祭の海外公演も積極的に行っている。

関連記事

  1. アイシクル・クリーク室内楽音楽祭
    Icicle Creek Chamber Music Festival

  2. ストックホルム古楽音楽祭
    Nordens största internationella festival för barock

  3. グラフェネック音楽祭
    Grafenegg Festival

  4. ドブロブニク夏の芸術祭
    Dubrovačke ljetne igre

  5. トゥリチン・オペラ・フェスティバル
    Операфест Тульчин

  6. SWRシュヴェツィンゲン音楽祭
    SWR Schwetzinger Festspiele

  7. タウンズビル室内楽音楽祭
    Australian Festival of Chamber Music

  8. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO
    La Folle Journée TOKYO

  9. ボーヌ国際バロック・オペラ・フェスティバル
    Festival International d’Opéra Baroque de Beaune

  10. ASISAビリャビシオサ・デ・オドン音楽祭
    Festival ASISA de Música de Villaviciosa de Odón

  11. ソノロ音楽祭
    SoNoRo Festival

  12. カブリヨ現代音楽祭
    Cabrillo Festival of Contemporary Music

  13. OPERA FLASH 2023/2024[スカラ座]ピーター・グライムズ

  14. バルトーク国際音楽セミナー&フェスティバル
    Bartók Szeminárium és Fesztivál

  15. ヴァレッタ・バロック・フェスティバル
    Valletta Baroque Festival