ソウル発 〓 ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人3人がロシアの侵略から祖国を守るため帰国、従軍

2022/03/04

ロシアの侵略から祖国を守るために帰国するウクライナ人が相次いでいるが、ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人メンバー3人が帰国、祖国防衛のために従軍したことが解った。韓国の日刊紙「コリア・ヘラルド」が3日に報じた。

帰国したのは、2002年入団のコントラバス奏者ジュズキン・ドミトロ(47)、2015年入団のヴィオラ奏者レブ・ケラー(51)、2016年入団のトランペット奏者マトビエンコ・コンスタンティン(52)。1988年設立のオーケストラの団員72人のうち20人余りが外国籍で、うちウクライナ出身は4人。韓国人妻と子を持つ団員だけは韓国に残っているという。

1月の新年音楽会後、ウクライナ出身の団員たちと連絡が取れなくなり、オーケストラのメンバーがSNSなどで消息を探ったところ、祖国防衛のために帰国していたことが判明。3月1日にドミトロが軍服を着て銃を持った写真をオーケストラに送ってきたという。

「昨年からコロナ禍で演奏会を開くことが出来ず、生活するだけでも大変だったはず。ドミトロは飛行機のチケットを購入するため借金をしたようだ。ずっと音楽だけをしてきたアラフィフの人たちが銃を持った、愛国心とはこういうことかと深く感銘を受けた」と語り、近く3人のための募金コンサートを行うとしている。

写真:Ziuzkin Dmytro / Handout


関連記事

  1. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  2. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン, カナダのヴァイオリニスト / ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の前音楽監督

  3. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《パルジファル》を18日にストリーミング

  7. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  8. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  9. チューリッヒ発 〓 チューリッヒはワクチン証明か、その場での検査陰性で入場可

  10. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  11. エーケレー発 〓 ドロットニングホルム宮殿劇場の次期音楽監督にフランチェスコ・コルティ

  12. 訃報 〓 アントン・ガルシア・アブリル, スペインの作曲家

  13. 訃報 〓 ミシェル・コルボ, スイスの指揮者

  14. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  15. ジュネーブ発 〓 第75回「ジュネーヴ国際コンクール」のチェロ部門で、ドイツ在住の上野通明が優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。