ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

2020/11/14

ザルツブルクの国際モーツァルト財団が来年1月の音楽祭「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表した。音楽祭は毎年、作曲家モーツァルトの誕生日1月27日を挟んで行っており、2019年から人気テノール歌手のローランド・ヴィラゾンが総監督を務めている。

発表によると、来年は1月21日から31日までの開催。テーマは「Musico drammatico」で、期間中に56のイベントが行われる。ただ、新型コロナの感染再拡大を受けて、オペラの上演は見送られ、コンサートも演奏時間を短縮、客席の制限を行うため、同じ公演を2回行う。

21日のオープニング・コンサートはケリー=リン・ウィルソン指揮のモーツァルテウム管弦楽団。ハープのグザヴィエ・ドゥ・メストレ、フルートのマチルド・カルデリーニが共演する。22日にはロバート・レヴィンとエルメス弦楽四重奏団によって、新たに発掘されたニ長調KV626b / 16という作品のお披露目が行われる。

豪華なラインナップは2021年も健在で、内田光子とのマーラー室内管弦楽団の他、マルタ・アルゲリッチとダニエル・バレンボイムのデュオもある。27日に行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会の指揮はアラン・アルティノグリュ。閉幕の演奏会はヴァーツラフ・ルクス指揮のコレギウム1704で、モイツァ・エルトマンがソリストとして参加する。

写真:Salzburg Mozarteum Foundation / Andreas Hechenberger


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー, オーストリアのテノール歌手

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  3. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  5. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  6. ヴェルビエ発 〓 ヴェルビエ音楽祭も開催断念

  7. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  8. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  12. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  13. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  14. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  15. ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。