福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

2021/03/11

九州交響楽団(Kyushu Symphony Orchestra)が音楽監督を務める指揮者の小泉和裕(Kazuhiro Koizumi)との契約を延長した。小泉は1989年に首席指揮者に就任、2013年からは音楽監督も兼任してきた。契約の延長で任期は2024年3月まで延びる。

2023年シーズンは、楽団にとって創設70周年となる節目の年。小泉と九響は2018年には創立65周年記念公演ととしてマーラーの交響曲第8番《千人の交響曲》の九州初演を実現。2019年には、マーラー・シリーズの第2弾として交響曲第3番に取り組み、昨年リリースされたライブ・アルバムが注目を集めるなど、充実の刻を迎えている。

小泉は京都市生まれの71歳。東京藝術大学指揮科で山田一雄に師事。1970年の第2回「民音指揮者コンクール」で1位を獲得した後、ベルリン芸術大学に留学。1973年の夏にボストンのタングルウッド音楽祭に参加、秋には第3回「カラヤン国際指揮者コンクール」で第1位となった。

その後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団はじめ、1976年にはザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するなど、1980年代は欧米の著名オーケストラに数多く客演。1983年から1989年までカナダのウィニペグ交響楽団の音楽監督も務めた。

1990年代に入って日本中心の活動に転じた後は、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、日本センチュリー交響楽団の首席指揮者や音楽監督を歴任。2016年から名古屋フィルハーモニー交響楽団の音楽監督などを務めている。

写真:Ivan Maly


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  2. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  3. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  4. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  5. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  6. 訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

  7. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  8. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  9. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  10. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  11. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  12. シカゴ発 〓 シカゴ響がコンサートを中止、ムーティに陽性反応

  13. ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  15. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立劇場が新制作の《ラインの黄金》をライブ・ストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。