ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

2021/11/19

指揮者のダニエル・ハーディング(Daniel Harding)が音楽監督・芸術監督を務めるスウェーデン放送交響楽団(Sveriges Radios Symfoniorkester)との契約を延長した。ダニエル・ハーディングは2007年からその任にあり、契約更改で任期は2025年まで延びる。

スウェーデン放送交響楽団は1965年、スウェーデン放送に所属していた複数のオーケストラが合併して誕生した団体。初代の音楽監督には名匠セルジュ・チェリビダッケが就任、1971年までその薫陶を受けた。

ハーディングは1975年、英国オックスフォード生まれの46歳。音楽高校在学中からサイモン・ラトルのアシスタントを務めてその才能を認められ、ケンブリッジ大学在学中の1994年にバーミンガム市交響楽団を指揮してプロ・デビューを果たした。

その後、クラウディオ・アバドに認められ、1996年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビュー、また、BBCプロムスにも最年少指揮者として出演した。ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(1999-2003)、マーラー室内管弦楽団(2004-)の音楽監督などを歴任した後、2016年から2019年までパリ管弦楽団の音楽監督も務めている。

パリ管弦楽団の音楽監督退任の理由に「パイロットになる」ことを挙げたほどの航空マニアで、その後、旅客機のパイロット試験に挑戦。2020年にはフランスのエールフランスに入社する形で本格的なパイロット業務にも従事している。

写真:Berwaldhallen

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  2. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  3. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  4. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  5. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  6. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  7. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  8. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  9. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  11. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  12. サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

  13. BBCプロムス 〓 2021年は7月30日開幕、9月11日閉幕

  14. プラハ発 〓 チェコ・フィルが聴衆なしのコンサートをストリーミング配信

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。