バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

2021/03/19

英国のバンプトン・クラシカル・オペラは2021年の公演ラインナップを発表した。2021年はグルックに焦点を当て、《ラ・コロナ》、《パリスとヘレネー》を上演する。また、11月28日に若手歌手発掘のための「ヤング・シンガーズ・コンペティション」の本選も行う予定。

《ラ・コロナ》は1765年に聖ローマ皇帝フランツ1世の誕生日を祝うために作曲された作品。英国で上演されるのは1987年以来で、今回はコンサート形式による上演。バンプトン・デビューとなるロバート・ハワースが指揮する。セント・ジョンズ、スミス・スクエアとオックスフォードのユニバーシティ・チャーチで上演する。

一方、《パリスとヘレネー》は昨年上演する予定だった作品で、ジリー・フレンチによる新しい英訳での上演。演出はジェレミー・グレイ。指揮はトーマス・ブラント。

写真:Bampton Classical Opera


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  2. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  3. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  4. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルが聴衆なしのコンサートをストリーミング配信

  6. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  8. 訃報 〓 コルネリウ・ムルグ, ルーマニアのテノール歌手

  9. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  10. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  12. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  13. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  14. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。