バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

2021/03/19

英国のバンプトン・クラシカル・オペラは2021年の公演ラインナップを発表した。2021年はグルックに焦点を当て、《ラ・コロナ》、《パリスとヘレネー》を上演する。また、11月28日に若手歌手発掘のための「ヤング・シンガーズ・コンペティション」の本選も行う予定。

《ラ・コロナ》は1765年に聖ローマ皇帝フランツ1世の誕生日を祝うために作曲された作品。英国で上演されるのは1987年以来で、今回はコンサート形式による上演。バンプトン・デビューとなるロバート・ハワースが指揮する。セント・ジョンズ、スミス・スクエアとオックスフォードのユニバーシティ・チャーチで上演する。

一方、《パリスとヘレネー》は昨年上演する予定だった作品で、ジリー・フレンチによる新しい英訳での上演。演出はジェレミー・グレイ。指揮はトーマス・ブラント。

写真:Bampton Classical Opera


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. パルマ発 〓 テアトロ・レッジョが《マハゴニー市の興亡》をストリーミング配信

  2. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  3. ブラティスラヴァ発 〓 ミハイル・プレトニョフが新しいオーケストラを創設、ロシア・ナショナル管の音楽監督を当局が解任?

  4. ニューヨーク発 〓 ストラディバリウス「ダ・ヴィンチ」、史上2番目の20億円超で落札

  5. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  6. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  8. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  9. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  10. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ(84)米国の作曲家

  11. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがゲルギエフに加え、ネトレプコの今後の出演をキャンセル

  13. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  14. 訃報 〓 マディ・メスプレ(89)フランスのソプラノ歌手

  15. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。