アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

2020/01/30

オランダの日刊紙「デ・フォルクスラント=De Volkskrant」が1月29日、空席になっている首席指揮者をめぐり、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)で楽団員による投票が行われたと報じた。報道によると、投票が行われたのは1月25日。投票の対象になったのは、ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev,66)、イヴァン・フィッシャー(Iván Fischer,69)、アンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons,41)の3人。投票結果が発表されるかどうか、オーケストラ側からのコメントは出されていない。

同オーケストラでは、2016/2017シーズンから首席指揮者にダニエレ・ガッティ(Daniele Gatti)を迎えたが、2018年に入ってガッティにセクシャル・ハラスメント疑惑が浮上、8月に電撃解任された。後任については、同オーケストラのコンサート・マスターから指揮者に転身し、2018/2019シーズンからニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務め、たびたび客演しているヤープ・ファン・ズヴェーデン(Jaap van Zweden,59)が有力とみる向きもあった。

候補に上がった3人はいずれも多忙で知られる面々。マリインスキー劇場の総監督でミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めるゲルギエフと、ボストン交響楽団の音楽監督でライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を務めるネルソンズは、“最も忙しい指揮者”の座を争う存在。フィッシャーは2014年から2015年に掛けて同オーケストラとベートーヴェンの交響曲全集を収録するなど関係は深いが、2008年から自ら創設したブタベスト祝祭管弦楽団を率いている上、あちこちのオーケストラに客演しており、二人に負けず劣らずだ。

写真:Philharmonie Luxembourg / Sébastien Grébille

関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  2. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  3. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  4. 訃報 〓 ディミトリー・スミルノフ, 旧ソ連出身の作曲家

  5. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー, ロシアのピアニスト

  9. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  10. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  11. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  12. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  13. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  14. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  15. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。