アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

2020/01/30

オランダの日刊紙「デ・フォルクスラント=De Volkskrant」が1月29日、空席になっている首席指揮者をめぐり、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)で楽団員による投票が行われたと報じた。報道によると、投票が行われたのは1月25日。投票の対象になったのは、ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev,66)、イヴァン・フィッシャー(Iván Fischer,69)、アンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons,41)の3人。投票結果が発表されるかどうか、オーケストラ側からのコメントは出されていない。

同オーケストラでは、2016/2017シーズンから首席指揮者にダニエレ・ガッティ(Daniele Gatti)を迎えたが、2018年に入ってガッティにセクシャル・ハラスメント疑惑が浮上、8月に電撃解任された。後任については、同オーケストラのコンサート・マスターから指揮者に転身し、2018/2019シーズンからニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務め、たびたび客演しているヤープ・ファン・ズヴェーデン(Jaap van Zweden,59)が有力とみる向きもあった。

候補に上がった3人はいずれも多忙で知られる面々。マリインスキー劇場の総監督でミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めるゲルギエフと、ボストン交響楽団の音楽監督でライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を務めるネルソンズは、“最も忙しい指揮者”の座を争う存在。フィッシャーは2014年から2015年に掛けて同オーケストラとベートーヴェンの交響曲全集を収録するなど関係は深いが、2008年から自ら創設したブタベスト祝祭管弦楽団を率いている上、あちこちのオーケストラに客演しており、二人に負けず劣らずだ。

写真:Philharmonie Luxembourg / Sébastien Grébille

関連記事

  1. サンフランシスコ発 〓 サロネンがサンフランシスコ響の音楽監督を退任、契約が切れる2023/2024シーズンをもって

  2. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  3. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」授賞式がコンツェルトハウスで

  4. バーゼル発 〓 バーゼル響の次期首席指揮者にマルクス・ポシュナー

  5. ザールブリュッケン発 〓 ザールラント州立劇場が音楽総監督のセバスティアン・ルランとの契約を延長

  6. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  7. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  8. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ(92)ヴァレンティナ・レフコ

  9. ブカレスト発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルが母国のエネスク国際音楽祭の芸術監督に

  10. ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントル」にマーティン・レーマン

  11. レイキャビク発 〓 ワーグナー《ワルキューレ》のアイスランド初演がお流れに

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが家族向けコンサートを国連難民高等弁務官事務所と共催

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  14. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  15. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。