エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

2019/03/16
【最終更新日】2021/03/09

米国ショルティ財団(The Solti Foundation U.S.)が2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワードThe Sir Georg Solti Conducting Award」をヤニブ・ディヌール(Yaniv Dinur)を贈ると発表した。受賞者には賞金30,000ドルの他、シカゴ交響楽団とシカゴ・リリック・オペラなどで指揮する機会が与えられる。

ディヌールはイスラエルのエルサレム生まれの38歳。エルサレム音楽・舞踏アカデミーでメンディ・ロダンから指揮を学んだ後、ミシガン大学でケネス・キースラーに師事して博士号を取得している。現在はミルウォーキー交響楽団の副指揮者。

財団は世界的な指揮者ゲオルク・ショルティ(1912-1997)の顕彰を目的に2000年に設立された団体。2004年から才能のある若手アメリカ人指導者を支援するためのプログラムをスタートさせ、2007年からは「アワード」を創設した。

ショルティはハンガリー出身で後に英国籍に亡命、アメリカでは長くシカゴ交響楽団の音楽監督を務めた。「アワード」は隔年でスタートしたが、2013年からは受賞者を毎年選んでいる。

過去の受賞者は以下の通り。アンソニー・バレス(2007)、エリック・ニールセン(2009)、ケース・スカリオーネ(2011)、ジェイムズ・フェデック(2013)、クリスティアン・マチェラル(2014)、ウラディーミル・クレノヴィチ(2015)、カリーナ・カネラキス(2016)、クリストファー・アレン(2017)、ロデリック・コックス(2018)。

写真:YanivDinur.com

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  2. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  3. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信のための有料プラットホーム起ち上げ、名付けて「グラインドボーン・アンコール」

  4. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  5. パリ発 〓 パリ国立オペラのバレエ団の次期芸術監督にジョゼ・マルティネス

  6. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

  7. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  8. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  9. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  10. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  11. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  12. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  13. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  14. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  15. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。