エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

2019/03/16

米国ショルティ財団(The Solti Foundation U.S.)が2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワードThe Sir Georg Solti Conducting Award」をヤニブ・ディヌール(Yaniv Dinur)を贈ると発表した。受賞者には賞金30,000ドルの他、シカゴ交響楽団とシカゴ・リリック・オペラなどで指揮する機会が与えられる。ディヌールはイスラエルのエルサレム生まれの38歳。エルサレム音楽・舞踏アカデミーでメンディ・ロダンから指揮を学んだ後、ミシガン大学でケネス・キースラーに師事して博士号を取得している。現在はミルウォーキー交響楽団の副指揮者。

財団は世界的な指揮者ゲオルク・ショルティ(1912-1997)の顕彰を目的に2000年に設立された団体。2004年から才能のある若手アメリカ人指導者を支援するためのプログラムをスタートさせ、2007年からは「アワード」を創設した。ショルティはハンガリー出身で後に英国籍に亡命、アメリカでは長くシカゴ交響楽団の音楽監督を務めた。「アワード」は隔年でスタートしたが、2013年からは受賞者を毎年選んでいる。

過去の受賞者は以下の通り。アンソニー・バレス(2007)、エリック・ニールセン(2009)、ケース・スカリオーネ(2011)、ジェイムズ・フェデック(2013)、クリスティアン・マチェラル(2014)、ウラディーミル・クレノヴィチ(2015)、カリーナ・カネラキス(2016)、クリストファー・アレン(2017)、ロデリック・コックス(2018)。

写真:YanivDinur.com

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  2. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  3. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスが心臓手術で休養

  4. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  5. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  6. パリ発 〓 フルートのゴールウェイにフランス政府から芸術文化勲章

  7. インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

  8. 訃報 〓 フレデリック・L・ヘムケ, 米国のサクソフォン奏者

  9. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  10. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  11. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  12. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  13. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  15. グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。