エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

2019/03/16
【最終更新日】2021/03/09

米国ショルティ財団(The Solti Foundation U.S.)が2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワードThe Sir Georg Solti Conducting Award」をヤニブ・ディヌール(Yaniv Dinur)を贈ると発表した。受賞者には賞金30,000ドルの他、シカゴ交響楽団とシカゴ・リリック・オペラなどで指揮する機会が与えられる。

ディヌールはイスラエルのエルサレム生まれの38歳。エルサレム音楽・舞踏アカデミーでメンディ・ロダンから指揮を学んだ後、ミシガン大学でケネス・キースラーに師事して博士号を取得している。現在はミルウォーキー交響楽団の副指揮者。

財団は世界的な指揮者ゲオルク・ショルティ(1912-1997)の顕彰を目的に2000年に設立された団体。2004年から才能のある若手アメリカ人指導者を支援するためのプログラムをスタートさせ、2007年からは「アワード」を創設した。

ショルティはハンガリー出身で後に英国籍に亡命、アメリカでは長くシカゴ交響楽団の音楽監督を務めた。「アワード」は隔年でスタートしたが、2013年からは受賞者を毎年選んでいる。

過去の受賞者は以下の通り。アンソニー・バレス(2007)、エリック・ニールセン(2009)、ケース・スカリオーネ(2011)、ジェイムズ・フェデック(2013)、クリスティアン・マチェラル(2014)、ウラディーミル・クレノヴィチ(2015)、カリーナ・カネラキス(2016)、クリストファー・アレン(2017)、ロデリック・コックス(2018)。

写真:YanivDinur.com

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  2. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  5. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  6. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

  7. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が新しいストリーミング

  8. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  9. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  11. サンタフェ・オペラ 〓 2021年夏の公演ラインナップを発表

  12. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  13. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  14. 訃報 〓 ジェーン・マニング, 英国のソプラノ歌手

  15. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。