パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

2020/06/19

パリ管弦楽団(Orchestre de Paris)の次期音楽監督にフィンランドの指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)を招くことに決めた。任期は2022/2023シーズンから昨シーズンをもって退任した(-2016)ダニエル・ハーディング(Daniel Harding)の後任。

マケラは1996年生まれの24歳。ヘルシンキのシベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに指揮法、マルコ・ヨロネンにチェロを学んで指揮者に転身した。

2020/2021シーズンからオスロ・フィルハーモニー管弦楽団(Oslo Philharmonic Orchestra)の首席指揮者に就任することが決まっており、この5月には、活動を開始する前から契約が延長されて話題を集めた。

7月9日にパリ管を指揮する予定。9日のコンサートは、、オーケストラにとって、新型コロナウイルスの収束後初のパブリック・コンサートとなる。

昨シーズンをもって退任したハーディングは、エールフランス(Air France)のパイロットとして活動することが決まっている。先週になって1年としていた活動について、フィナンシャル・タイムズの取材に対して、延長の可能性を示唆している。

写真:Fred-Olav Vatne / Oslo Filharmonien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 大阪発 〓 大阪交響楽団の次期常任指揮者に山下一史

  2. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  3. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  4. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  5. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  6. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  7. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  8. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  9. ロサンゼルス発 〓 第91回「アカデミー賞」の作曲賞に「ブラックパンサー」のルドウィグ・ゴランソン

  10. 訃報 〓 シルヴィア・ゲスティ、ハンガリーのソプラノ

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  12. ロンドン発 〓 BBC交響楽団の新しい本拠地の建設計画が具体化

  13. びわ湖クラシック音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  14. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。