パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

2020/06/19

パリ管弦楽団(Orchestre de Paris)の次期音楽監督にフィンランドの指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)を招くことに決めた。任期は2022/2023シーズンから昨シーズンをもって退任した(-2016)ダニエル・ハーディング(Daniel Harding)の後任。

マケラは1996年生まれの24歳。ヘルシンキのシベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに指揮法、マルコ・ヨロネンにチェロを学んで指揮者に転身した。

2020/2021シーズンからオスロ・フィルハーモニー管弦楽団(Oslo Philharmonic Orchestra)の首席指揮者に就任することが決まっており、この5月には、活動を開始する前から契約が延長されて話題を集めた。

7月9日にパリ管を指揮する予定。9日のコンサートは、、オーケストラにとって、新型コロナウイルスの収束後初のパブリック・コンサートとなる。

昨シーズンをもって退任したハーディングは、エールフランス(Air France)のパイロットとして活動することが決まっている。先週になって1年としていた活動について、フィナンシャル・タイムズの取材に対して、延長の可能性を示唆している。

写真:Fred-Olav Vatne / Oslo Filharmonien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  2. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  3. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  4. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  5. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  6. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング・サービスの年末ラインナップを発表

  8. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  10. 東京発 〓 第18回「東京国際音楽コンクール」指揮部門で沖澤のどか優勝

  11. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  12. ハンブルク発 〓 難民たちに州立歌劇場が《ナブッコ》のコーラスへの参加呼びかけ

  13. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  14. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  15. ギュータースロー発 〓 リトアニア国立オペラ宛の《トゥーランドット》の衣装盗まれる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。