訃報 〓 ガブリエル・バキエ, フランスのバリトン歌手

2020/05/14

フランスの名バリトン歌手ガブリエル・バキエ(Gabriel Bacquier)が亡くなった。95歳だった。17日には96歳の誕生日を迎える予定だった。死因は明らかにされていない。

パリ・オペラ座の三大バリトンと呼ばれた歌手の一人で、オペラ界屈指の演技派歌手として知られ、深みのある声と相まって、多くのオペラ・ファンを魅了した。

フランス南西部ベジエ生まれ。モンペリエで声楽を学んだ後、パリ高等音楽院に入学。1953年にブリュッセルのモネ劇場のメンバーとなり、その後、1956年にオペラ・コミック、1960年にエクス=アン=プロヴァンス音楽祭、1962年にパリ・オペラ座と、フランス国内で活躍の場を広げた。

続いて、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ロイヤル・オペラといった世界的な歌劇場に相次いでデビュー。その後、米国にも活躍の場を広げ、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場には18シーズン連続で出演を重ねた。

表情豊かな歌い回しでコミカルな役からシリアスな役、悪役まで演じ、多彩なレパートリーを誇る。彼によって新たな命を吹き込まれたキャラクターも多いといわれる。有名な録音にも数多く起用され、レジオン・ドヌール勲章(名誉軍団国家勲章)など受章多数。

写真:Festival d’Aix-en-Provence









関連記事

  1. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  2. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  3. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  4. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  5. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  8. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  9. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  10. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  11. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  12. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が「カラカラ浴場」での公演を再開、2022年の夏から

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。