ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

2020/04/20

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大のため、ボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)が2019/2020シーズンの残りを公演をすべてキャンセルした。また、ボストン・ポップス・オーケストラ(Boston Pops)も春のシーズンがキャンセルされた。

オーケストラによると、新型コロナウイルス禍による損失は現在、1,020万ドルを超えるところという。ボストン・ポップス・オーケストラを含め、キャンセルされた公演は130を超えており、その損失が推定620万ドル。これに会場のレンタル代、演奏旅行のキャンセル料の支払いなどによる損失が400万ドルになるという。

この流れを受け、70人の楽団員が4月20日から健康保険を継続しながら一時的に休職すること、8月末まで給与を25%カットすることで労使が合意した。

また、オーケストラのCEOであるマーク・ヴォルペの報酬の50%カット、音楽監督のアンドリス・ネルソンスはキャンセルとなった公演については報酬を放棄、ボストン・ポップス・オーケストラの指揮者キース・ロックハートの報酬も大幅な削減が行われるという。

一方、ボストン響が行っているタングルウッド音楽祭については、まだ開催を諦めていないという。今年は6月19日から8月30日の日程で行われることになっている。

写真:Boston Symphony Orchestra / Chris Lee


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  2. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  3. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  4. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  5. ルツェルン発 〓 アシュケナージが引退を表明

  6. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  10. 訃報 〓 リナト・イブラギモヴァ, ロンドン交響楽団の元首席コントラバス奏者

  11. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  12. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  14. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  15. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。