ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

2021/09/23

ソプラノ歌手のアンナ・トモワ=シントウ(Anna Tomowa-Sintow)がベルリン州立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)の名誉会員に選ばれた。トモワ=シントウはブルガリアのスタラ・ザゴラ生まれで、80歳の誕生日9月22日に伝達された。

トモワ=シントウは首都ソフィアの国立音楽学校で声楽とピアノを学び、16歳だった1957年に全国声楽コンクールで優勝。1965年にスタラ・ザゴラ劇場でチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》のタチアーナを歌ってデビューした。

その後、ソフィア国立歌劇場に出演を重ねる一方、1967年からライプツィヒ歌劇場、1972年からベルリン国立歌劇場(現在のベルリン州立歌劇場)のメンバーとなり、モーツァルト、ワーグナー、ヴェルディ、プッチーニ、シュトラウスの作品を中心に東側を代表する歌手として活躍した。

国際的な舞台での活躍するきっかけは1973年、ザルツブルク音楽祭でカール・オルフの《時の終わりの劇》が世界初演された際、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンに抜擢されたこと。以後、カラヤンに重用され、約20の作品の録音に参加している。

カラヤンだけでなく、カール・ベーム、ウォルフガング・サヴァリッシュたちのも重用され、NHK交響楽団の常任指揮者を務めていたサヴァリッシュの招きで、1973年のNHKホールのこけら落とし公演に出演、初来日が実現した。

その後、西側の主要な歌劇場に次々に出演を果たし、メトロポリタン歌劇場でも7シーズン歌っており、世界的プリマ・ドンナとしての名声を確立。ウィーン国立歌劇場などから「宮廷歌手」の称号が贈られている。
きた。


リリックな声質は年を追うごとにドラマティックな深みを加え、1988年にはジェームズ・レヴァインとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演したリヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》がグラミー賞のオペラ部門賞を受賞している。

オペラの舞台を離れた後は、ヨーロッパでマスタークラスを開いて後進の指導に当たってきた。2013年にはリムスキー=コルサコフの《皇帝の花嫁》の公演に久々に出演、2017年には大改修工事を終えたベルリン州立歌劇場の再開場記念公演にも出演している。

写真:Bulgarian National Radio


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  2. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  3. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  4. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  5. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  6. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  7. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  8. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  9. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  10. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  11. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  12. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  13. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  15. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。