ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

2021/09/23

ソプラノ歌手のアンナ・トモワ=シントウ(Anna Tomowa-Sintow)がベルリン州立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)の名誉会員に選ばれた。トモワ=シントウはブルガリアのスタラ・ザゴラ生まれで、80歳の誕生日9月22日に伝達された。

トモワ=シントウは首都ソフィアの国立音楽学校で声楽とピアノを学び、16歳だった1957年に全国声楽コンクールで優勝。1965年にスタラ・ザゴラ劇場でチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》のタチアーナを歌ってデビューした。

その後、ソフィア国立歌劇場に出演を重ねる一方、1967年からライプツィヒ歌劇場、1972年からベルリン国立歌劇場(現在のベルリン州立歌劇場)のメンバーとなり、モーツァルト、ワーグナー、ヴェルディ、プッチーニ、シュトラウスの作品を中心に東側を代表する歌手として活躍した。

国際的な舞台での活躍するきっかけは1973年、ザルツブルク音楽祭でカール・オルフの《時の終わりの劇》が世界初演された際、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンに抜擢されたこと。以後、カラヤンに重用され、約20の作品の録音に参加している。

カラヤンだけでなく、カール・ベーム、ウォルフガング・サヴァリッシュたちのも重用され、NHK交響楽団の常任指揮者を務めていたサヴァリッシュの招きで、1973年のNHKホールのこけら落とし公演に出演、初来日が実現した。

その後、西側の主要な歌劇場に次々に出演を果たし、メトロポリタン歌劇場でも7シーズン歌っており、世界的プリマ・ドンナとしての名声を確立。ウィーン国立歌劇場などから「宮廷歌手」の称号が贈られている。
きた。


リリックな声質は年を追うごとにドラマティックな深みを加え、1988年にはジェームズ・レヴァインとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演したリヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》がグラミー賞のオペラ部門賞を受賞している。

オペラの舞台を離れた後は、ヨーロッパでマスタークラスを開いて後進の指導に当たってきた。2013年にはリムスキー=コルサコフの《皇帝の花嫁》の公演に久々に出演、2017年には大改修工事を終えたベルリン州立歌劇場の再開場記念公演にも出演している。

写真:Bulgarian National Radio


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  2. ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  4. ロンドン発 〓 ティルソン・トーマスがマーラーの交響曲第3番で、終楽章の演奏前に舞台を降りようとするハプニング

  5. ミラノ発 〓 ウクライナ領事、スカラ座に《ボリス・ゴドノフ》の上演取り止めを要請

  6. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  8. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  10. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  11. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  12. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  14. バルセロナ発 〓 バルセロナ下院がターミナル駅「サンツ駅」を「モンセラート・カバリエ駅」に改称する議案を可決

  15. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。