ミラノ発 〓 ミラノ市長がスカラ座にゲルギエフの解任を要求、ロシアのウクライナ進攻で

2022/02/25

ミラノのジュゼッペ・サーラ(Beppe Sala)市長がロシアのウクライナ進攻をめぐり、非難する声明をすぐに出さない限り、スカラ座にロシアの指揮者ヴァレリー・ゲルギエフを解任するよう命じたと、イタリアのメディアが報じている。ゲルギエフは23日に初日を迎えた新制作の《スペードの女王》の公演の指揮者に起用されている。

市長は有力紙「コリエーレ・デラ・セラ」に対して、「(スカラ座の)ドミニク・マイヤー総裁とともに、この侵略に対して正確な立場を取るように彼に求めています。 彼がそれを行わない場合、私たちはコラボレーションを終了することを余儀なくされます」と延べており、劇場側も同意しているという。

新制作の《スペードの女王》はリーザにアスミク・グリゴリアン、ポリーナにエレーナ・マクシモワ、エレツキー公爵にアレクセイ・マルコフ、ゲルマンにナジミディン・マヴリャーノフ、伯爵夫人にユリア・ゲルセワを起用。マティウス・ハルトマンが演出を手掛けている。

ゲルギエフはロシアの文化人の中で、ウクライナ進攻に踏み切ったプーチン大統領と最も親密な関係にある一人。初日の公演の後、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューヨーク公演を指揮してミラノに戻る予定だったが、公演の主催者であるカーネギーホールとオーケストラは彼の“降板”を既に決めている

写真:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini / Zani Casadio


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  2. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  3. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  4. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  5. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  6. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  7. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  8. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  9. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  10. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  11. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  14. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  15. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。