ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

2021/09/21

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester Leipzig)が延期していた「マーラー・フェスティバル」の新しいスケジュールを発表した。元々は2021年5月に予定されていたもので、新型コロナウイルスの世界的流行で延期されていた。2023年5月に行われる。

発表によると、フェスティバルは5月11日の開幕で、29日までの開催。期間中に10曲の交響曲とオーケストラ作品すべてを取り上げる他、ピアノのイゴール・レヴィット、バリトンのトーマス・ハンプソンなどのリサイタルも行われる。

当初の計画に比べると、ロンドン響、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルの参加はなくなったが、地元のゲヴァントハウス管の他、ドレスデン・シュターツカペレ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バイエルン放送響、グスタフ・マーラー・ユーゲント管、ミュンヘン・フィル、MDR響、バーミンガム市響、ブダペスト祝祭管が集う

ライプチィヒにとって、作曲家のグスタフ・マーラー(1860-1911)はゆかりの作曲家。1886年から88年まで市立劇場のカペルマイスターのポストを得て、ゲヴァントハウス管を200回以上指揮するかたわら、交響曲第1番《巨人》を書いている。

交響曲のラインナップは以下の通り。

5月18日
交響曲第4番(エルヴィン・シュタインによる室内アンサンブル版)
[指揮]アンドリス・ネルソンス
[オーケストラ]ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

5月19日
交響曲第4番 / 大地の歌
[指揮]ヴァレリー・ゲルギエフ
[オーケストラ]ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

5月20日
交響曲第5番
[指揮]チョン・ミョンフン
[オーケストラ]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

5月21日
交響曲第2番《復活》
[指揮]アンドリス・ネルソンス
[オーケストラ]ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

5月21日
交響曲第10番(クック版)
[指揮]ミルガ・グラジニーテ=ティーラ
[オーケストラ]バーミンガム市交響楽団

5月22日
交響曲第7番《夜の歌》
[指揮]ダニエル・ハーディング
[オーケストラ]バイエルン放送交響楽団

5月23日
交響曲第9番
[指揮]イヴァン・フィッシャー
[オーケストラ]ブダペスト祝祭管弦楽団

5月24日
交響曲第1番《巨人》
[指揮]ダニエレ・ガッティ
[オーケストラ]グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団

5月25日
交響曲第3番
[指揮]クリスティアン・ティーレマン
[オーケストラ]ドレスデン・シュターツカペレ(ザクセン州立歌劇場管弦楽団)

5月26日・28日・29日
交響曲第8番《千人の交響曲》
[指揮]アンドリス・ネルソンス
[オーケストラ]ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

5月27日
交響詩《葬礼》 & 歌曲《子供の不思議な角笛》 & カンタータ《嘆きの歌》
[指揮]デニス・ラッセル・デイヴィス
[オーケストラ]MDR交響楽団

5月28日
交響曲第6番《悲劇的》
[指揮]セミヨン・ビシュコフ
[オーケストラ]チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Lucerne Festival / Gewandhausorchester Leipzig / Manuela Jans


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  2. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  4. 訃報 〓 ミキス・テオドラキス, ギリシャの作曲家・社会活動家

  5. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  6. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  7. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  8. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  9. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  10. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  11. 訃報 〓 ディミトリー・スミルノフ, 旧ソ連出身の作曲家

  12. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  13. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督兼首席指揮者を退任、名誉指揮者に

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。