クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

2018/10/04

第1回「ヴィクトル・トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール=International Viktor Tretyakov Violin Competition」の本選が1日に行われ、4人のファイナリストがウラジミール・ランデ指揮のクラスノヤルスク・アカデミー交響楽団と協奏曲を演奏。その結果、ロシアのセルゲイ・ドガーディン(Sergei Dogadin)が優勝。日本の北川千紗(Kitagawa Chisa)と中国の张润崯(Runyin Zhang)が2位を分け合い、3位は中国の何枢聪(Shucong He)だった。何は「ユリアン・シトコヴェツキー賞」も受賞した。賞金は1位が15,000ドル、2位は10,000ドル、3位が6600ドル。優勝したセルゲイ・ドガーディンは1988年サンクトペテルブルク生まれ。2011年の第14回「チャイコフスキー国際コンクール」で1位なしの最高位を獲得している。北川は東京藝術大学3年生。

コンクールは16〜30歳を対象としたもので、トレチャコフの故郷クラスノヤルスクで9月23日から10月1日に開催された。トレチャコフは1946年の生まれの71歳。モスクワ音楽院で学び、19歳だった1966年の第3回「チャイコフスキー国際コンクール」で第1位を獲得。世界的な活躍を続けるかたわら、母校モスクワ音楽院で後身の指導に当たり、1986年から1994年まで「チャイコフスキー国際コンクール」の審査委員長を務めたロシア音楽界の重鎮。自身が審査委員長を務め、審査委員にはワデム・レーピン(Vadim Repin)、クルト・サッスマンズハウス(Kurt Sassmannshaus)、日本の清水高師(Takashi Shimizu)、ドガーディンの師でもあるボリス・クシュニール (Boris Kushnir)たちが名を連ねる。ファイナリスト4人には2019/2020シーズンに、シベリア国立交響楽団と共演するチャンスが与えられる。

写真:International Viktor Tretyakov Violin Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  2. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  3. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  4. ダラス発 〓 ダラス交響楽団の次期音楽監督にファビオ・ルイージ

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  6. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。